TOP > Aloha Features > Na hale 〜 グラフィックデザイナー ローレン・ロス

Aloha Features : NaHale

1596

 

ハワイの自然を繊細に色鮮やかに描く。

楽園にインスパイアされてデザイナーの仕事が変わりました。

 

”ハワイの『ホールフーズ・マーケット』がフリーランスで働く自信を与えてくれました”

 アメリカ本土の大学でイラストレーションの勉強をして、ニュージャージー州の『ホールフーズ・マーケット』に就職をしました。マーケティング部門に配属され、グラフィックアーティストとして、店舗に関連するデザインは何でもやりました。ポスターや看板などの内装から、バッグやTシャツなどの商品まで、ありとあらゆるグラフィックデザインをしました。マーケティング部門のスタッフとして働き2年が経った頃に、長期休暇をとってアメリカ各地を旅行した後に、いま思えば人生の転機が訪れました。社内にハワイのカハラ店のオープニングに関する求人案内が出ていて、どこか遠いところで暮らしてみたいと思っていたので応募をしました。その後に夢叶って、2009年のカハラ店オープンと共にハワイに移住することができました。

 

 

 ハワイでは、2010年のマウイ店と2012年のカイルア店のオープンのデザイン全般にも携わりました。そんな忙しい日々の中であることに気付き、デザイナーとしての仕事に対する考え方が変わりました。ハワイの『ホールフーズ・マーケット』のデザインは、アーティストのオリジナリティが尊重されていて、とてもやりがいを感じられました。それまでのニュージージーやニューヨーク、そして、コネチカットの店舗では、会社のガイドラインに沿ったデザインばかりで、宣伝するものを忠実に描いていました。野菜売り場は野菜を、魚売り場は魚を看板に描いていました。ハワイの店舗のデザインをするようになってから、今の作風になりました。ハワイの自然にインスパイアされた感じです。以前は、紙を切り貼りしてコラージュしたり、人物を描いたりしていたんです。ハワイで暮らしていると、自然から受けるインスピレーションがとても多いんです。だから日頃から頭に浮かんだイメージを忘れないうちにスケッチブックに描くようにしています。そうすることで鮮明に記録できて、みなさんに喜んでもらえる細かいディテールを描くことができます。インスピレーションの中には、現実のものではない架空の植物も生き物もあるんですよ。

 

”オリジナルのペインティングを増やしていつかは自分のお店を持ちたい”

 2013年に、ハンドペイントを施した木製のアートボードや帽子を作って、カカアコで月に1回開催されている『ホノルル・ナイト・マーケット』で販売したり、

少しずつ個人の活動を増やしていきました。その後、結婚を機に独立をして、現在はフリーのデザイナーとして仕事をしています。以前は『ホールフーズ・マーケット』で働いていた夫のジョンも、今は私の仕事をサポートしてくれています。独立してからは『ホールフーズ・マーケット』をはじめ『ノードストローム』などの企業からの依頼も増えました。独立してから手掛けた『ホールフーズ・マーケット』マウイ店限定のエコバックは、カメを描いて欲しいというリクエストだけで、自由にデザインをして嬉しいことに完売をしました。また『ノードストローム』ワイキキの新店舗のエントランスにある6メートル四方のパネルには、植物を埋め尽くしたハワイらしいグリーンのディスプレイをデザインしました。アラモアナセンターのエヴァウイングに移転した『ノードストローム』では、オープン記念のポストカード、ショッピングバッグやギフトカードなどをデザインしたり、パイナップルや花、波など全部で6種類の店内用の陳列棚もデザインしました。街やショッピングセンターで、自分が描いたデザインを見られるようになって、とても嬉しいです。

 

 

 でも絵を描いている時間は、集中して没頭してしまうので、忙しい時は描き続けて腱鞘炎になってしまうこともあるんです。だから時々は、アトリエがあるカイルアのビーチに行って息抜きをするようにしています。これからもハワイの自然や植物をモチーフにして繊細な線で描き、ファンタジックな色彩でディテールまでをしっかり描き込まれたデザインを大切にしながら、オリジナルのペインティングを増やしていくのが目標です。近い将来、自分のお店を持てたらいいなと思っています。一昨年からは日本で開催されるハワイイベントにも出店をしているので、ぜひ作品を手に取って下さい!

Profile

586

Lauren Roth(ローレン・ロス)

ニューヨーク生まれ。大学でイラストレーションを専攻し卒業後に、アメリカ大手オーガニックスーパー『ホールフーズ・マーケット』のグラフィックデザイナーとして、店舗の看板やエコバッグなどのデザインを手掛け、2009年にハワイ・オアフ島の店舗へ異動。アメリカ本土とハワイの『ホールフーズ・マーケット』専属デザイナーとして6年間働いた後、自身のブランド『ローレン・ロス・アート』を立ち上げ活躍中。作品は『サンド・ピープル』(ワイキキ店やカイルア店など)『リリー&エマ』(ワイキキ店)『博文堂』(ワードセンター店)で販売中。7月15日16日の2日間は『ハレイワ・アートフェスティバル』に出店。日本国内ハワイイベント『ハワイフェア2017』(阪急うめだ本店)7月5日〜 11日(本人参加)、『REALHAWAII』(伊勢丹新宿本店)7月19日〜 24日(本人は21日より参加)

おすすめの記事