TOP > Aloha Features > Na Hale ~ ミュージシャン/ ‘IOLANI Director of Development アレックス・カワカミ

Aloha Features : NaHale

1592

日本はマノアDNAを最初に認めてくれた大切な国
自分のルーツとオハナ(ファミリー)はいつまでも大事にしたい

 

 

ハワイーロサンゼルスーそしてハワイへ
すべては自分を成長させてくれた音楽と’IOLANIのため

 

ハワイでも歴史と伝統あるアロハウェアの老舗として、ローカルビジネスマンやフラダンサーたちから愛され続けている「ʼIOLANI」。アラモアナセンターからほど近いコナストリートにあるショップは今年、メイド・イン・ハワイにこだわる人々が集う場所として、大きく変わろうとしている。そのʻIOLANIの次世代を引き継ぐ要となるのが、ミュージシャンとして活動を続けてきたアレックス・カワカミだ。

 

日本では、父と兄とで組んだバンド「マノアDNA」が大人気となり、ハワイ州観光局のイメージソングを3年連続担当したり、NHKの「みんなのうた」で楽曲が流れたこともある。「日本は自分のルーツでもあり、いつもどんな時も応援してくれるのがとてもうれしいし、励みになる。日本のファンは僕たちの大切なオハナ(ファミリー)」と語る彼は、日系4世。祖父が創業したʼIOLANIを、最初は継ぐ気などまったくなかったと言うが、ソロ活動への足がかりとして修業に出かけたロサンゼルスで、突然その考えが降りてきたそうだ。ミュージシャンとしてのキャリアを築きつつある中で、この大きな決断は周囲を驚かせた。特に現社長であり、2代目として長年ビジネスに携わってきた父ロイドさんは、大反対だったという。「このビジネスの厳しさは、父が1番よく知っていますからね。でもハワイでもミュージシャンとしてのチャンスがあると思ったし、今ま
での恩返しをするのにいいタイミングだと思いました」。ロサンゼルスでソロアルバムを完成し、自分の未来を見据えることができるようになった彼が選んだのは、ハワイへ戻るという選択。それがʼIOLANIを大きく変えることになった。

 

 

自分の使命は’IOLANIに新しい風を吹き込むこと
ファッションだけでなくAlohaの心も届けたい

 

マノアDNAのデビューは偶然からだった。それまで父ロイド、兄ニックとアレックスの3人でプライベートで演奏はしていたものの、プロとして活動するとは誰も思っていなかったという。父の友人がオープンするレストランで急遽ミュージシャンが必要となり、出演依頼を受けたのが、彼らのキャリアの始まり。それから1カ月間毎日練習をするうちに、ファミリーならではの特別なサウンドが生まれた。「その時はバンドの名前すらなかったんです。ただ単にわくわくする出来事のように思いました」。上手くいかなきゃそれまでだし、なんて軽く考えていたのに、そこからあっという間にCDデビューへ。他にはない、親子というDNAが生み出す美しいハーモニーが注目を集めることとなった。
そこから10年。アレックスはマノアDNAの中心として、曲作りやアレンジ、レコーディングなど、音楽面でカワカミ・ファミリーを牽引してきた。だが、忙しい毎日でも同じことの繰り返しの中で変化が必要になった時、新しいチャレンジのためにロサンゼルスへ拠点を移すことを決意する。「家族はみんなその考えをサポートしてくれました。知り合いのほとんどいない場所で、それだけ自分がやれるのか。ハワイを出て、音楽の本場で勉強するのも今しかできないと思ったんです」。

 


 ロサンゼルスでの日々は充実していて、ずっと住みたいと思うほどだったと言うが、ある朝ハワイへ戻る気持ちになった彼。ロサンゼルスと比べて「ハワイはいい場所だけど、世界レベルで見ると、色々な面で遅れているのも事実。でも帰ってきて、もっとチャンスに恵まれたように感じます。以前より自分に自信がついたし、やりたいことも見えて来ました」。そんなアレックスの新たなチャレンジは、ʼIOLANIという伝統に新しい風を吹き込むこと。メイド・イン・ハワイに特化したビジネスが集まるセンターオープンに伴い、カカアコのアーティストとコラボしたり、ステージでの経験をアロハシャツ作りに生かすなど、今まで眠っていたようなビジネスの盲点を活性化させるようなアイデアを出し続けている。音楽活動と、ファミリービジネスも引継ぎつつあるアレックスの毎日は、「まるで2つのフルタイムジョブを掛け持ちしているよう」というが、ショップの外にステージも作り、そこでライブ演奏を行うなど、今後もʼIOLANIの進化に貢献していくことは間違いない。アレックスの音楽とビジネスの両立は成功しつつあるようだ。

Profile

392

アレックス・カワカミ ALX Kawakami

ハワイオアフ島出身。幼い頃から音楽に親しみ、9歳から本格的にウクレレを習い始める。高校時代にギターに目覚める一方で、曲作りにもチャレンジ。やがて父ロイド、兄ニックとともに「マノアDNA」を結成し、2005年CDデビューを果たす。グループの要として活躍するも、2014年にロサンゼルスに拠点を移し、ソロ活動に専念。2016年にハワイへ戻り、祖父が創業した’IOLANIを引き継ぐ。

アレックス・カワカミ オフィシャルサイト
www.alxkawakami.com
‘IOLANI
https://iolani.com
1234 Kona St. Honolulu
808-593-4520

おすすめの記事