2019/04/16

ハワイの文化人・有名人

フランク・クラーク / 不動産会社オーナー・ ワイキキ横丁CEO ~Na Hale~

不動産会社オーナー・ ワイキキ横丁CEO「フランク・クラーク 」

“Na Hale”は、様々な分野で活躍するハワイの文化人にそれぞれの思いを聞く場所です。いま注目すべきハワイのキーパーソンたちの言葉をHawaii Loversを通して皆様にお届けします。

今回は不動産会社オーナー・ ワイキキ横丁CEOである「フランク・クラーク 」さんにインタビューを行いました。

 

 

ワイキキ横丁は自分の子どものような存在。大切に育てて、今後は“ジャパンタウン”としての横丁文化を世界に広めて行きたい。

日本人が認めたハワイのベスト・フードコートの誕生

 2016年、ワイキキの中心に位置するワイキキ・ショッピング・プラザの地下に、今までにないコンセプトのレストラン街が現れた。その名も「ワイキキ横丁」。日本で名の知れた名店が集うこの場所をオープンに導いたのが、無類の「横丁好き」を自認するフランク・クラークさんだ。

 

不動産会社オーナーとして、数多くの超高級物件を取り扱い、流暢な日本語と多岐にわたるネットワークを駆使して、日本人顧客のニーズにあった不動産売買、さらにはハワイへのビジネス参入をサポートしてきた。アメリカ人の父、日本人の母を持ち、父の仕事の関係でアメリカからドイツ、韓国、そして日本で育った彼の中には、常に日本があったという。だからフランクさんが、こよなく愛する日本の横丁文化をハワイへ持ち込もうと考えたのは偶然ではない。

 

「レジデンス物件だけでなく、商業施設の物件も取り扱っているので、いい条件の物件情報は常に耳に入ってくるんです。ここもかつてはフードコートだったこともあるんですが、長くは続きませんでした。そんなハワイの厳しい状況もずっと見てきているから、見極めのタイミングが難しいこともよくわかっています。だからこそ、チャレンジしたかったんですよね。ハワイにいながら日本の食文化や四季を五感で体験できるような特別な場所を作りたかったのです。」日本に例えるなら、東京の銀座のようなワイキキの中心地でユニークなビジネスを成功に導いたフランク・クラークさんにお話を聞いた。

カラカウア通りとシーサイドアベニュー側に入り口があり、日本語の看板が目を引く。ワイキキ広しといえど、カラカウア通り沿いにこのサイズの漢字の看板があるのはここだけ。日本人だけでなく、ローカルや世界各国からの旅行者の姿も目立つ。

 

 

日本文化としての“横丁ではしご”をもっと世界に広めるために

 フランクさんの本業は不動産会社オーナー。リッツカールトンなど、超高級物件を扱う彼は、多くの日本人顧客を持ち、日本への出張の機会も多い。そんなフランクさんが横丁のアイデアを思いついたのは4年前。「クライアントに会うために、年に3 ~5回は日本へ行くのですが、そのたびに思うのが、日本の食べ物は世界一。それをハワイへ持って来ることはできないかなと考え始めたんですよ。でも有名なレストランを呼ぶだけじゃつまらない。何か今までにない新しいアイデアが欲しかったんです。」そんなときに出会ったのが、日本の横丁文化。「僕の”初”横丁は恵比寿。狭い路地に並ぶ小さなお店を見て、何があるんだろうと興味津々。そこからアイデアを思いつき、アメ横とか色々行ってみたら、すごく面白かった。アメリカにはないこの文化は、日本人の多いハワイでならきっと上手く行くと思ったんです。」

 

ボストン生まれのフランクさんがハワイへやってきたのは29年前。プロゴルファーを目指していたので、練習の出来ない冬の期間をハワイで過ごすためだった。「最初は6 ヶ月だけいるつもりだったけど、縁があって、そのままハワイで暮らすことになっちゃった」と笑う。その後ハワイで、ゴルフはもういいと思うまでやりつくしたので、新しいチャレンジしたくなり、起業し、不動産の道へ。ゴルフで培ってきたネットワークも含め、29年の間に見てきた様々な事例から、横丁のアイデアはきっと成功するという期待はあったという。「でもアイデアは良かったけれど、本当に実現できるかが問題だったね。なにしろアメリカ人は横丁と言っても、何のことだかわからないでしょ?だからビルの大家さんたちを日本へ連れて行って、実際に横丁を見せて、僕がやりたいのはこれなんですと説明したら、見た瞬間にわかりましたって言ってくれたんです。」

 

その後のプロセスは、比較的にスムーズに行ったというが、実はインターナショナル・マーケットプレイス、アラモアナセンターの白木屋のリニューアルオープンと時期が重なり、工事が予定より遅れ、人員確保などにも影響が出たという。「あの時はちょっと大変でしたね。でもワイキキ横丁を含め、同時にハワイ初出店のショップが70店舗近くオープンするという、ある意味すごい時期でもあったんですよ。」出店する店舗も、競争にならないように気を配り、レストラン街として成立するように、人の流れが届きにくい奥にラーメン街を配した。しかし、これはあくまでスタートに過ぎない。大家を説得した次は、テナントのケアが待っていた。「みなさん、海外出店は初めてですから、日本のようには事が進まないということをまず実感したと思います。食材も人材も違う中で、日本のクオリティを保つのは至難の業です。みんなハワイは天国だと思っているけれど、いざビジネスになると勝手が違いますからね。そこをどう乗り切るか、アドバイスする僕にとってもチャレンジでした。でも横丁に出店してくれた皆さんが成功するための協力は惜しみません。不動産もそうですが、売って終わり、ではなく、その後のサポートが実は一番大事だと思っているんですよ。」

 

オープンから2年たち、日本人だけでなく、ローカル、そして世界各国からの観光客も、日本の雰囲気を味わいにここを訪れるようになった。「ここに来るとほっとする、と言う言葉を聞くとうれしいですね。日本の方には、並ばなくても名店の味をいつでもお楽しみいただけるし、その他の国の方には、パスポートなしで日本文化を体験できる場所として知られるようになって来ました。ここはアメリカでは珍しい横丁ですが、出来てみたら、美味しいものが集まるジャパンタウンのような感じがしています。その国の文化を知るには食べ物が一番だから、みんなで日本の味に色々トライしてほしい。ここなら、家族で来ても予算はかなり低め。これからは“はしご”も勧めたいんです」とフランクさん。一軒で終わりではなく、日本式にちょっとずつ食べて数軒を回る“はしご”も、ポピュラーになってほしいというフランクさんの夢は、横丁文化をメインランドにも広げること。チャレンジだったワイキキ横丁は子どものようなもので、この成功によって別のニーズが見えてきたとも言うフランクさん。「まだまだやることがいっぱいあるので、日本語のハワイ商業物件のサイトも立ち上げました。僕はいつもチャレンジを探しているんです。そしてアイデア。すべてはそこから始まりますからね。」

日本人の投票によるハワイ・ランキング「111-Hawaii Award」の2019年「フードコート部門」で見事1位に輝いたほか、計4部門で入
賞。

 

ラーメン街もさらに人気に。

 

 

「フランク・クラーク / Frank Clark」プロフィール

ボストン生まれ。ロードアイランド州 ブライアント大学卒業。母は日本人。幼少期をドイツ、韓国、日本で過ごす。13歳でゴルフと出会い、才能を開花させてプロゴルファーを目指す。大学卒業後にハワイに拠点を移し、30歳までゴルフ界で活躍。その後堪能な日本語を活かし、ビジネスコンサルティング会社やPR、広告、マーケティング会社を起業し、多くの日本人顧客から信頼を集める。2010年不動産会社「リアルセレクト」設立。ワイキキ横丁を企画し、2016年にオープンさせる。

今まで見た店舗

ワタベウェディング - リゾ婚オンラインカウンター

海外ウェディング,リゾ婚,コロナ支援,ハネムーン,海外旅行

レストラン・スパ・アクティビティを探す

使い方はこちら 予約や最新ハワイ情報

人気のお店ランキング

  1. ミッシェルズ・アット・ザ・コロニーサーフ

    フレンチ

  2. USDA最高級格付け肉だけを使ったステーキ ハイズステーキハウス ハワイでステーキ ハイズでディナー ハイズ最高級肉

    ハイズステーキハウス

    ステーキ

  3. アロハテーブルのロコモコ 2つの目玉焼き アロハテーブルの絶品オススメの一品 ハンバーグと卵 ソースがたっぷりかかったご飯

    アロハテーブル ワイキキ

    アメリカン ハワイアン

  4. ハワイエッグスンシングス

    エッグスンシングス コオリナ店

    アメリカン ハワイアン

  5. ハワイ ステーキ

    ルースズクリス ステーキハウス ウォーターフロントプラザ店

    ステーキ

  1. マスタング 赤色の車 高級車の貸し出し アラモレンタカーのオープンカー レンタカーの申し込み

    アラモレンタカー

    レンタカー

  2. ハワイのお土産を手作り リボンレイ教室 形に残る思い出 インストラクターもいる

    モアナコア リボンカレッジ

    体験&レッスン

  3. 一から手作り ウクレレ作り 体験系アクティビティ 伝統的な楽器 かたどり

    スタンレーズ

    体験&レッスン

  4. 虹色の壁 フォトスポット 写真撮影してくれる インスタ映えする モデルが撮影していた場所

    セグハワイ ツアーズ

    クルーズ 体験&レッスン

  5. 手ぶらでOK 西オアフのウェットアンドワイルド クーポンで最大$30オフ 絶叫系のスライダーもあり 大人も楽しめる

    ウェット・アンド・ワイルド・ハワイ

    マリンスポーツ

  1. ハイドロフラスクの商品 ハワイ限定カラー シェイブアイスカラー グラデーションハイドロ ハワイでしか買えないハイドロフラスク

    ハイドロフラスク / グリーンティーハワイ

    お土産 雑貨

  2. ダニエルKイノウエ空港 デューティーフリー 空港内 ついつい買い物しちゃう いつも混雑

    DFS ダニエル・K・イノウエ国際空港店

    アクセサリー お土産 コスメ ショピングモール ファッション 雑貨

  3. ターコイズの店内 品揃え豊富 ターコイズのトレーナー 男性女性に人気 ターコイズのオンラインショップ

    ターコイズ

    ファッション 雑貨

  4. alamoanacenter

    アラモアナセンター

    アクセサリー お土産 コスメ ショピングモール ファッション 雑貨

  5. マーティンアンドマッカーサーの時計 木のベルト ウッドウォッチ ハワイ限定 限定デザイン

    マーティンアンドマッカーサー

    お土産 ファッション 雑貨

  1. ホノルルエリートカイロプラクティック自慢のコース 脂肪を燃焼 理想のウエストラインを目指す カップルでも施術可能 1回コースと3回コース

    ホノルル・エリート・カイロプラクティック

    エステ マッサージ

  2. ココロミ ハワイ

    マッサージ ロミロミ

  3. 夜景を見ながら施術 マッサージ後の休憩 キャンドルがある部屋 ワイキキのナイトビューを一望 リラックスできる

    キューブ コスメティックス

    エステ マッサージ ロミロミ

  4. ラザースパロミロミマッサージ 体の芯から整うホットストーン ラザースパロミロミ モダンホテルロミロミ ハワイアンロミフェイシャル

    スパ・アット・ザ ・モダン ワイキキ

    エステ スパ マッサージ ロミロミ

  5. スパカカラの内観 オーガニック素材を使うスパ ハワイのくつろぎ方 スパカカラのラウンジ ハワイリゾ婚

    スパ カカラ

    エステ スパ マッサージ ロミロミ

Contentsコンテンツ