2020/08/28

ハワイお役立ち情報 / ハワイ観光情報

ハワイラバーズ読者が選んだ!ハワイの人気ハイキングスポットランキングBEST5!

8月8日から10日まで、ハワイラバーズのInstagram(@hawaiilovers_photo)にてフォロワーの皆さんに、“ハワイで行ったことがあるハイキング(トレッキング)スポット”を教えてもらいました!たくさんの回答をありがとうございました。ハワイの緑あふれる大自然を感じられるハイキングは、ハワイ旅行のアクティビティとしてとってもおすすめです!今回は皆さんの回答から、その中で多くの票数を集めた5つのハイキングスポットを大公開!人気ランキングと、目的地までの行きやすさや道のりを踏まえた難易度もご紹介するので、次回のハワイ旅行の参考にしてください^^

※現在、ビーチと公園は閉鎖されています。写真は全てビーチとパークが閉鎖される前(2020年8月8日以前)に撮ったものです。(2020年8月23日現在)

CONTENTS

>1位【ダイヤモンドヘッド】ハワイに来たら一度は登っておきたい!ワイキキの街が一望できる絶景 難易度:★★☆☆☆
>2位【ココヘッド・トレイル】オアフ島最難関ハイキングスポット!? 難易度:★★★★★
>3位【マカプウ・ライトハウス・トレイル】気軽にハイキングしたい方におすすめ!ゆるやかトレッキング♪  難易度:★☆☆☆☆
>4位【エフカイピルボックス】インスタ映えでも有名なノースショアのハイキングスポット 難易度:★★★☆☆
>5位【マノア・フォールズ・トレイル】ハワイで滝を見に行こう!大自然を感じるトレイル 難易度:★★☆☆☆

 

1位【ダイヤモンドヘッド】ハワイに来たら一度は登っておきたい!ワイキキの街が一望できる絶景 難易度:★★☆☆☆

半数近くの圧倒的多数でトップ1に輝いた、皆さんが行ったことがあるハイキングスポットは、オアフ島の象徴「ダイヤモンドヘッド」!ハワイの山と言ったら、やはり最初にダイヤモンドヘッドが思い浮かびますよね。ワイキキからもほど近く、比較的簡単なハイキングコースのため観光客にも大人気!頂上からは美しい空と海、そしてワイキキの街並みが一望できます。

ダイヤモンドヘッドは別名「レアヒ」と呼ばれ、ハワイ語でマグロの額という意味。ワイキキから見た形がマグロの額に似ていることから、ハワイアンが名づけたそう。一般的にダイヤモンドヘッドと呼ばれているのは、昔イギリス人がレアヒで石の結晶を見つけて、ダイヤモンドと間違えたことが由来になっているみたいです。面白いお話ですよね…(笑)

 

朝焼けも美しいダイヤモンドヘッド

昼間に登頂すると真っ青な海を見ることができますが、朝日が昇る時間帯だと、異なる雰囲気の景色に感動します。雲と空の色のコントラストが幻想的ですよね…♡早朝ダイヤモンドヘッドに登ったことがない方は、次回のハワイ旅行でぜひ行ってみてください^^!

ダイヤモンドヘッドの関連記事はこちら↓↓

ダイヤモンドヘッドで朝日をみよう!日の出時間・行き方・服装の注意点 ★おすすめ
HL読者&スタッフが選抜!ハワイのベストサンセットスポットはここだ!

 

ダイヤモンドヘッドの入場料・服装・登山時間

入場料:1人$1※車の場合は駐車料金に入場料も含まれます。
服装・持ち物:動きやすい服装、スニーカー、帽子、タオル、飲み物、日焼け止め など
所要時間:登山~下山は約1時間半。登山口~頂上まで約30分。
難易度:★★☆☆☆
(道が舗装されているため、比較的登りやすい)標高:232m

 

ダイヤモンドヘッドへの行き方(ワイキキから出発)

【車の場合】ワイキキのシーサイドアベニューを、ダイヤモンドヘッドに向かって進みます。突き当り(デニーズが目印)を左折し、カパフルアベニューに入ります。消防署が見えたら右折し、パキアベニューに入り、クイーンカピオラニガーデンが左手に見えてきたら、左折し、モンサラットアベニューをひたすら直進。途中、道の名前がダイヤモンドヘッドロードに変わりますが、直進し続けるとダイヤモンドヘッドの入口が見えます(駐車料金は$5)。所要時間は約10分です。

【バスの場合】ワイキキのクヒオ通りにあるバス停から、2、23番のどちらかのバスに乗り、終点のカピオラニコミュニティカレッジで下車し(23番の場合は、「ダイヤモンドヘッドロード+18thアベニュー」で下車)15分程度歩いたら登山口の一口に到着!ワイキキからのバスの所要時間は約20分です。(ザ・バスの乗り方を詳しく説明した記事はコチラ

 

ダイヤモンドヘッド(Google Mapで検索していくことをおすすめします。)

住所:Kapahulu, Honolulu, HI 96815
ゲートオープン:6:00am – 6:00pm※現在一時休業中(8月19日現在)

 

2位【ココヘッド・トレイル】オアフ島最難関ハイキングスポット!? 難易度:★★★★★

続いて多くの票を集めたのは、オアフ島最難関と言われる「ココヘッド・トレイル」!ココヘッドは、オアフ島南東部のハワイカイ地区に位置する、厳しい傾斜が印象的な山です。ココヘッドトレイルの山道は、ダイヤモンドヘッドのトレッキングルートとは違い、1048段続くトロッコの線路を登るので、かなりキツイ…!難関トレッキングのココヘッドに登ったことがある読者の皆さん、さすがです…!日中は暑いので、早朝か夕方に登るのがおすすめです◎

 

なんでトロッコの線路があるの…?

ココヘッドが最難関と呼ばれる理由がこちらの傾斜のきつい線路。山頂に近づくにつれて、どんどん急になっていくので足元に気を付けながら慎重に進みます。なぜトロッコの線路があるのか、、それは、昔ココヘッドの山頂に米軍の通信施設を作るための物資を運ぶために、トロッコを使用していたからだそうです。

 

ココヘッド頂上からの絶景

ココヘッド登頂後には、こんな絶景が待っています…!写真では一部しか見えませんが、頂上からは360度のパノラマビューが見渡せます。冬季に登れば、運がいいと遠くにクジラが見られることも!絶景ビューが待っていると思ったら、大変な道のりでも頑張れますね…!登り切ったらすごい達成感を味わえます^^ちなみに写真中央にあるのは、みなさんよくご存じの「ハナウマ湾」です。上から見ると、また違った美しさがありますよね。挑戦してみたい方はぜひ、行ってみて♪

 

ココヘッドの入場料・服装・登山時間

入場料:無料
服装・持ち物:動きやすい服装、スニーカー、帽子、タオル、飲み物、日焼け止め など
所要時間:登山~下山は約1時間~2時間。
難易度:★★★★★
(傾斜で足場が悪く、線路を上り下りするため)標高:368m

 

 

ココヘッドへの行き方(ワイキキから出発)

【車の場合】ワイキキを通っているH1ハイウェイを使います。東方面へ走ってほどなくして、そのままカラニアナオレハイウェイに繋がり、ハワイカイエリアを通過。そのまま直進し続け、ココマリーナセンターを道なりに左折し、ココヘッドに向かって進めば、ココヘッドの駐車場に到着。所要時間は約30分です。

【バスの場合】ワイキキのクヒオ通りにあるバス停から、22番のバスに乗り、「カラニアナオレハイウェイ+ハナウマベイロード」で下車し、10分程度歩いたら到着!ワイキキからのバスの所要時間は約50分です。(ザ・バスの乗り方を詳しく説明した記事はコチラ

 

ココヘッド近くのトレイル「ココクレーター」もチェック!↓↓

人気トレイルスポット「ココクレーターアーチ」に実際に行ってみた|行き方・登り方解説

 

ココ・クレーター・レイルウェイ・トレイル(Google Mapで検索していくことをおすすめします。)

住所:Koko Head Park Rd. Honolulu
ゲートオープン:6:00am – 23:00pm※現在一時休業中(8月19日現在)

 

3位【マカプウ・ライトハウス・トレイル】気軽にハイキングしたい方におすすめ!ゆるやかトレッキング♪ 難易度:★☆☆☆☆

第3位は、初心者に優しい「マカプウ・ライトハウス・トレイル」!第2位は難易度の高いハイキングでしたが、3位は緩やかコースがランクインしました!皆さんの中でも、マカプウに登ったことがある方は多かったです。ここは景色を楽しみながらゆったりと登れるので、ローカルにも大人気。ファミリーでのんびり散歩がてら登っている人たちもよく見かけます。

道はきれいに舗装されたアスファルトの道で緩やかな坂が続きます。道幅も広めに作られているため、自分のペースで登れるから嬉しい^^家族みんなでハワイを感じながら楽しめるコースです♪

 

展望台からの眺め

登頂後、待っていたのは美しいハワイの真っ青な海や壮大な山々の景色…!マカプウの頂上は、風がとても気持ちよく汗も吹き飛びます。マカプウライトハウストレイルはいつの時間帯でも眺めのよい景色が見られますよ^^(帰りは遅くなりすぎないように!)

マカプウ岬 マカプウビーチの景色 ハワイのトレッキング ハワイのウサギ島 ラビットアイランド

海に浮かんでいる小さな無人島は「マナナ島」。ハワイ語で“浮力”という意味だそう。海岸からみた、島の形はウサギの頭のように見え、かつてウサギが住んでいたこともあり一般的に「ラビッド・アイランド」の愛称で知られています。展望台からもしっかりと見ることができますよ。

 

マカプウ・ライトハウス・トレイルの関連記事はこちら↓↓

マカプウトレイル「ライトハウス」でハワイを感じる♡初心者向けトレッキングスポット

 

マカプウ・ライトハウス・トレイルの入場料・服装・登山時間

入場料:無料
服装・持ち物:動きやすい服装、スニーカー(ビーチサンダルでも〇)、帽子、タオル、飲み物、日焼け止め など
所要時間:登山~下山は約1時間~1時間半。
難易度:★☆☆☆☆
(道が舗装されているため、登りやすい)標高:約120m

 

マカプウ・ライトハウス・トレイルの行き方(ワイキキから出発)

【車の場合】ワイキキを通っているH1ハイウェイを使います。東方面へ走ってほどなくして、そのままカラニアナオレハイウェイに繋がり、ハワイカイエリアを通過。そのまま直進し続けると、左手に「ハナウマ・ベイ」のサインが見えてきます。道なりに進んでいき、左手にゴルフコースが見えてきたら、ほどなくして到着。所要時間は約30分~40分です。(駐車場は無料ですが、車上荒らしが多いので要注意!)

詳しい行き方はこちらをチェック→マカプウトレイル「ライトハウス」でハワイを感じる♡初心者向けトレッキングスポット

【バスの場合】ワイキキのクヒオ通りにあるバス停から、22番または23番のバスに乗り、「カラニアナオレ・ハイウェイ+ハワイ・カイ・ゴルフ・コース」で下車し、20分程度歩いたら到着!ワイキキからのバスの所要時間は約1時間半です。(ザ・バスの乗り方を詳しく説明した記事はコチラ

 

マカプウ・ライトハウス・トレイル(Google Mapで検索していくことをおすすめします)

住所:Makapuu Lighthouse Rd, Honolulu
ゲートオープン:冬季7:00-18:45、夏季は7:00-9:45※現在一時休業中(8月19日現在)

 

 

4位【エフカイピルボックス】インスタ映えでも有名なノースショアのハイキングスポット 難易度:★★★☆☆

第4位は、インスタ映えで有名の「エフカイピルボックス」!こちらのトレイルコースは、オアフ島北部・ノースショアに位置しています。ピルボックスと言えば、オアフ島西部のピンクピルボックスも有名ですよね。読者の皆さんは、エフカイピルボックスに行ったことがある方のほうが多かったです^^(どちらも行きました!というハワイ通もいました!)

そんなフォトジェニックなエフカイピルボックスですが、道は舗装されていなく、ロープを伝って登っていく足場の悪いところも。とても滑りやすいので、気を付けながらゆっくり進みましょう。

 

そもそもピルボックスとは?

そもそもピルボックスとは、戦時中に作られたコンクリート製の陣地のこと。そこからの景色はとても見晴らしがよく、海を一望できるのです。だれでも訪れることが出来るようになった今、どのピルボックスも「トレッキングスポット」として人々に愛され続けています。こちらの写真のピルボックスは、カラフルなお花とピースマークの絵が描かれていて、とってもフォトジェニック♡

こちらは2つ目のピルボックス。サーフィンで有名なビーチ「パイプライン」が目の前に広がります。エフカイピルボックスはいつの時間帯でも眺めのよい景色が見られます^^(でもあまり遅くなりすぎないように!)まだ行ったことがない方は次回のハワイ旅行で、ぜひ訪れてみてください!

 

エフカイピルボックスの関連記事はこちら↓↓
ノースショアでハイキング♪子供でもチャレンジできるエフカイピルボックス

ピンクピルボックスの関連記事はこちら↓↓

“ピンクピルボックス”にトライ!|行き方・登り方・4つのピルボックス

 

エフカイピルボックスの入場料・服装・登山時間

入場料:無料
服装・持ち物:動きやすい服装、スニーカー、帽子、タオル、飲み物、日焼け止め など
所要時間:登山~下山は約1時間~2時間。
難易度:★★★
☆☆足場が悪く、舗装されていないため)標高:約244m

 

エフカイピルボックスへの行き方(ワイキキから出発)

バスだと3時間ほどかかってしまうので、車(レンタカー)がおすすめです。

ワイキキを通っているH1(WEST)ハイウェイを使います。道なりに進み、ノースショアを目指してひたすら走ります(“North Shore”の標識がいくつもあるので、そちらに進めばOK)。途中分岐点が現れ「ノース・ミリラニ/ワヒアワ」の右へ進みます。やがて「H2North」が終わり一般道へつながっていきます。一般道もひたすら道なりに進み、シャークスコーブを過ぎると、サンセットビーチエレメンタリースクール(小学校)が右手側に見え、この小学校横の駐車場を奥へと進んで行くと、入口があります。

詳しい行き方はこちらをチェック→ノースショアでハイキング♪子供でもチャレンジできるエフカイピルボックス

 

エフカイピルボックス(Google Mapで検索していくことをおすすめします)

住所:59-178 Ke Nui Rd, Haleiwa
ゲートオープン:24時間開いていますが、日が暮れる前には下山することを強くおすすめします。

 

 

5位:【マノア・フォールズ・トレイル】ハワイで滝を見に行こう!大自然を感じるトレイル 難易度:★★☆☆☆

最後は、緑が豊かなマノア地区にある「マノア・フォールズ・トレイル」!ココもはずせないトレッキングスポットですよね!そこまできつくない道のりで気軽にハイキングできることから、人気スポットの1つです。読者の皆さんからも愛されるスポットです^^

時間帯は早朝&昼間がおすすめですが、お昼を過ぎると駐車場が混みあうので要注意!マノア地区は雨が多く、「トレイル中に雨が降ってきた…!汗」なんてことも少なくありません。足場はぬかるみが多くて滑りやすいので、汚れてもいいスニーカーで挑みましょう!トレッキングコースはジャングルのような道のりでワクワクしますよ♪

 

マノア・フォールズでハワイのマイナスイオンを感じる

30分ほどの道を進むと、、ゴールにはマイナスイオンたっぷりの滝が…!この場所は空気が澄んでいて、とても涼しくて、ハワイのマナ(パワー)を感じます。美味しい空気をたっぷり吸って、パワーチャージしましょう^^

マノア・フォールズ・トレイルの関連記事はこちら↓↓
マノア地区の見どころ〜マイナスイオンたっぷりマノアの滝・マノアファーマーズマケット〜

マノア・フォールズ・トレイルの入場料・服装・登山時間

入場料:無料(駐車料金$5)
服装・持ち物:動きやすい服装、スニーカー、雨具、帽子、タオル、飲み物、日焼け止め など
所要時間:約1時間
難易度:★★☆☆☆
(道が平坦で、比較的簡単)

 

マノア・フォールズ・トレイルへの行き方(ワイキキから出発)

【車の場合】アラワイ運河沿いの、アラワイブルバードを進み、橋を右折しマッカリーストリートに入ります。そこからは道なりに直進し、突き当り(ハワイ大学マノア校が目印)を左折します。そこからもひたすら道なりに直進すれば、入口に到着(マノア・フォールズ・トレイルの標識があるので、その方向に進めば〇)。所要時間は約15分です。

【バスの場合】ワイキキのクヒオ通りにあるバス停から、E、8、19、20、23、42番のどれかに乗って「アラモアナショッピングセンター」で下車。山側のバス停で5番に乗り換えて終点で下車し、バス停から山側に向かって5分程度歩くと、入口に到着します。所要時間は約40分~1時間です。(ザ・バスの乗り方を詳しく説明した記事はコチラ

 

マノア・フォールズ・トレイル(Google Mapで検索していくことをおすすめします)

住所:3860 Manoa Road, Honolulu
ゲートオープン:日の出から日没時間まで※現在一時休業中(8月19日現在)

 

まとめ

皆さんが行ったことがあるハワイのハイキングスポット紹介、いかがでしたか?ハワイへの渡航が再開され、安心してハワイに行けるようになった際には、今回ご紹介したハイキングスポットにぜひ訪れてみてください!今後もまだまだ質問コーナーは続きます!お楽しみに^^

他にも、ハワイについて気になることがあればいつでも、
Instagram(@hawaiilovers_photo)Facebook(HawaiiLovers.IslandJourney)へご連絡ください!

 

 

 

 

今まで見た店舗

ワタベウェディング - リゾ婚オンラインカウンター

海外ウェディング,リゾ婚,コロナ支援,ハネムーン,海外旅行

レストラン・スパ・アクティビティを探す

使い方はこちら 予約や最新ハワイ情報

人気のお店ランキング

  1. ミッシェルズ・アット・ザ・コロニーサーフ

    フレンチ

  2. ファイヤーグリルの骨付きのお肉 ソースたっぷりの肉 かぶりつけるステーキ ファイヤーグリルの名物メニュー 焼き目がついたこんがりステーキ

    ファイヤーグリル・ワイキキ

    ステーキ

  3. アズーアレストランサーフラナイ アズーアレストランとダイアモンドヘッド アズーアレストラン夕方 アズーアレストラン目前海 アズーレストラン目前砂浜

    アズーア レストラン

    アメリカン ハワイアン

  4. トマトのナポリピザ 生ハムのピザ チーズたっぷり 本格的なイタリア料理 釜で焼きたて

    アペティート クラフトピザ&ワインバー

    イタリアン バー&ラウンジ

  5. ステージレストランの内観 モダンな空間 スタイリッシュなレストラン ハワイの有名お店 アラモアナ 

    ステージ レストラン

    アメリカン ハワイアン

  1. ワイキキにあるレンタカー 現地で借りる リーズナブルな価格 免税店 英語で受付 

    ニッポンレンタカー

    レンタカー

  2. スターレンタカーの車種 ミニバン エコノミー スタンダード 便利なサービス

    スターレンタカー

    レンタカー

  3. 背びれにつかまってスピードライド イルカと一緒に泳ぐ ハワイでドルフィンツアー シーライフパークのアクティビティ ドルフィンアドベンチャー

    シーライフパーク・ハワイ

    マリンスポーツ

  4. マスタング 赤色の車 高級車の貸し出し アラモレンタカーのオープンカー レンタカーの申し込み

    アラモレンタカー

    レンタカー

  5. 癒しのシンボル野生のイルカ イルカの大群 野生のイルカと泳ぐツアー 私立イルカと名門イルカ クジラ大先生の特別授業

    私立イルカ中学・名門イルカ大学

    マリンスポーツ

  1. ダニエルKイノウエ空港 デューティーフリー 空港内 ついつい買い物しちゃう いつも混雑

    DFS ダニエル・K・イノウエ国際空港店

    アクセサリー お土産 コスメ ショピングモール ファッション 雑貨

  2. Tギャラリア外観 ハワイで買い物 ワイキキ買い物 ブランドショップハワイ タックスフリー

    Tギャラリア by DFS ハワイ

    アクセサリー お土産 コスメ ショピングモール ファッション 雑貨

  3. マーティンアンドマッカーサーの時計 木のベルト ウッドウォッチ ハワイ限定 限定デザイン

    マーティンアンドマッカーサー

    お土産 ファッション 雑貨

  4. ワイキキショッピングプラザ デザイン受賞歴あり ハワイのスウィーツ ハワイ人気店 ローカル

    ロイヤルハワイアンクッキー

    お土産

  5. ハイドロフラスクの商品 ハワイ限定カラー シェイブアイスカラー グラデーションハイドロ ハワイでしか買えないハイドロフラスク

    ハイドロフラスク / グリーンティーハワイ

    お土産 雑貨

  1. ホノルルエリートカイロプラクティック自慢のコース 脂肪を燃焼 理想のウエストラインを目指す カップルでも施術可能 1回コースと3回コース

    ホノルル・エリート・カイロプラクティック

    エステ マッサージ

  2. ミハナのスキンケアコース 日焼け後のお肌に 顔のパック ウェディング前のケア ハワイでパック

    ミハナビューティー&スパ

    エステ マッサージ ロミロミ

  3. ココロミ ハワイ

    マッサージ ロミロミ

  4. ラザースパロミロミマッサージ 体の芯から整うホットストーン ラザースパロミロミ モダンホテルロミロミ ハワイアンロミフェイシャル

    スパ・アット・ザ ・モダン ワイキキ

    エステ スパ マッサージ ロミロミ

  5. 夜景を見ながら施術 マッサージ後の休憩 キャンドルがある部屋 ワイキキのナイトビューを一望 リラックスできる

    キューブ コスメティックス

    エステ マッサージ ロミロミ

Contentsコンテンツ