2020/09/07

ハワイお役立ち情報 / ハワイ観光情報

世界三大パワースポットのハワイ島「マウナ・ラニ・リゾート」で絶景パワースポット巡り!

皆さん、世界三大パワースポットをご存知ですか?アメリカ、アリゾナ州の「セドナ」、フランスの「ルルドの泉」。そして、ハワイ島の「マウナ・ラニ」。マウナ・ラニとはハワイ語で「天国に届く丘」を意味し、古代ハワイ王国の王族たちが魂や生命力を培ってきたという言い伝えがある場所です。また、現在はマウナ・ラニ・リゾート内にあり、オーラが見える溶岩洞窟があることでも有名です。昔から神聖な場所として地元の方々に大切にされ続け、今では古代ハワイアンの歴史が見られる貴重な遺跡でもあります。コロナ禍でハワイに行けない&日常でも不安を感じる今だから、数々のパワースポットの写真からもパワーを受け取れるように…。そして、いつかハワイ島を訪れる際にはぜひとも足を運んで頂きたいスポットを紹介します!

 

CONTENTS

>世界三大パワースポットのマウナ・ラニ・リゾートへの行き方
>自分のオーラが見える?!溶岩洞窟「ラバチューブ」
>生き生きと伸びる椰子の木が映える「ホペアイア・フィッシュポンド」
>インスタ映え撮影スポットが沢山!「マウナ・ラニ・ビーチクラブ」周辺
>最もパワーが強いといわれている「カラフイプアア・フィッシュポンド」

 

世界三大パワースポットのマウナ・ラニ・リゾートへの行き方


ハワイ島ではレンタカーは必須アイテム。オアフ島のように手軽にタクシーを利用できたり、バスルートが充実している島ではないので、現地では車をレンタルすることをオススメします!グーグルマップなどのアプリで、「カラフイプアア・ヒストリック・パーク(Kalahuipua’a Historic Park)」と検索すればOK。コナ空港から車で約30分で着きます。道路は広く、ひたすら一本道なので気持ちよくドライブを楽しめますよ♪

 

①空港を出たら左折して、19号線クイーンカアフマヌハイウェイ(Queen Ka’ahumanu Highway)に乗ります。

②そのまま道なりに進みます。(信号を2箇所通過します。)

③マウナラニドライブ(Mauna Lani Drive)を左折し、マウナ・ラニ・リゾート内に入ります。

④ロータリーに入って、マウナラニドライブ(Mauna Lani Drive)の表示を目印に進んでいきます。

⑤そのまま進んでいくと左手にパウオア・ロード(Pauoa Road)の表示が出てくるのでそこを左折します。

⑥そのまま直進してすぐに、右手にヒストリックパークショアラインアクセス(Historic Park Shoreline Access)の表示が出てきます。そこを右折して、カラフイプアア・ヒストリック・パーク駐車場(Kalahuipua’a Historic Park Parking)に車を停めます。

駐車場には、木陰を作ってくれるネムノキがあります。余談ですが、ネムノキの葉は夜になると自ら葉を閉じます。そのため「眠りの木」が転じてネムノキとなったそうです。横に広がるように成長するので、日差しの強いハワイでは日陰をたくさん作ってくれるこのネムノキがいたるところに植えてあります。

英語名は「ピンクシルクツリー」花が絹の糸のようなのでその名が付きました。日本では有名な「このー木なんの木、気になる木」の木がこのネムノキです^^ そんな木陰が美しいネムノキを見ながらパワースポット「オーラの洞窟」へ向かいましょう!

 

自分のオーラが見える?!溶岩洞窟「ラバチューブ」

グーグルマップ上だど、オーラの洞窟が表記されていないので、パワースポットの場所、インスタ映えスポットなどに番号をふりました。ハワイラバーズ スタッフが歩いたルートと撮影ポイントに合わせてご紹介していきます^^ 1番が駐車場になります。

このマップを見ると道がどこなのかよく分かりませんが、駐車場からはずっと一本道なのでご心配なく!それでは出発です!ラバチューブはマップの2番のところにあります。

駐車場からは遊歩道を歩いていきます。何百年も前に流れた溶岩の跡を眺めながら歩くこと約15分、左手に洞窟の入り口が見えてきます。標識が付いていませんが、洞窟の前にいくつかのパネルがあるので、注意して左側を見ていてください。初めて見ると、こんなところに洞窟があるのかな?と思うような岩がゴロゴロしたところです。

洞窟の入り口にあるパネルの一つにこんな事が書いてあります。「この溶岩洞窟シェルターには、古代ハワイアンの小さなグループが住んでいました。彼らはここで寝て、働いて、料理をしていました。広々とした平らな床、日除け、風と雨からの保護、そして洞窟の後部にある他の開口部による相互換気が、彼らにとって非常に魅力的な場所でした。床にいくつかのマットと調理用の火があれば、今でも快適な避難所になります」その昔、古代ハワイアンは溶岩洞窟を生活の場として使っていたんですね^^

さあ、足元に気をつけて洞窟の中へ入って行きます。ハワイ島には沢山の火山があるので「ラバチューブ(溶岩が流れて固まってできた洞窟のようなもの)」が色々なところで見られます。溶岩洞窟の奥深くには「マナ」という強い霊魂が棲むと言い伝えられており、昔から神聖な場所として大切にされています。洞窟の天井部分には小さな穴が空いていて、そこから差し込む太陽の光がまるでオーラのように写真に写るのです。

スタッフも写真を撮ってみました。白いオーラがとても神秘的。静かな洞窟にいるだけで、心癒されるようなそんなパワースポット!撮影に適した時間は、晴れた日の太陽が真上に登る正午前後がおすすめです◎また、黒っぽい服よりも白い服を着て行くのがオススメです^^

 

生き生きと伸びる椰子の木が映える「ホペアイア・フィッシュポンド」

洞窟を出たら左の道に歩いて行きます。マップの1番が駐車場で2番がオーラの洞窟の位置です。洞窟から約3分で3番のホペアイア・フィッシュポンドに着きます。

マウナ・ラニ・リゾートの敷地内にあるフィッシュポンドは古代ハワイアンの養魚池です。現在も沢山の魚を養殖しています。フィッシュポンドは7つあり、その一つがこのホペアイア・フィッシュポンドです。写真内手前にあるパネルにはこんな事が書いてあります。「ある男性が最初に見つけたカラウイプアアの養魚池は、この乾燥した海岸沿いの楽しいオアシスです。これらの汽水域の池には、淡水が湧き出し、海の潮汐作用によって供給されて浄化されます。それらの仕組みを賢く管理することにより、先史時代のハワイアンはこのいくつかの池でさまざまな魚を飼育することができました。アマアマ(ボラ)とアワ(ミルクフィッシュ)が最も一般的な養殖魚でしたが、パピオ(ジャック)、カク(バラクーダ)、プヒ(ウナギ)やオパエ(エビ)などもここに住んでいました。これらの池は、古代とほとんど同じ方法で現在も管理されている数少ない場所の1つです。ここではまだ魚を養殖しています。」

植物が生き生きとしているのは、その土地に良いパワーがある証拠。椰子の木と青い空、静かに周りの景色を映し出すフィッシュポンド。このフィッシュポンド一帯は、かつてカメハメハ大王が所有していました。

カメラのレンズに収まらない、360度まさにオアシスです^^ 歩いているだけでとても癒されます。

椰子の木の他にも沢山の植物があります。こちらは世界三大パワースポットにある世界三大花木の鳳凰木(ほうおうぼく)。別名ロイヤル・ポインシアナです。ハワイではよく目にする熱帯性落葉木。赤に近いオレンジ色の花がとても鮮やかです^^

これはマップの4番あたりですが、このマウナ・ラニの椰子の木はとても背が高いのです!下の砂利道に人がいるのが分かりますか?写真では伝えきれないスケール感に現地に行ったら圧倒されますよ^^

ここはマップの4番から5番の間にあります。古代ハワイアンが魚を養殖するための小さな池が昔のまま残っています。海と養殖池の間を小魚は通れるけれど、大きな魚は通れないような水路でつないであり、海からきた稚魚が池の中で大きくなっても、海に戻れないしくみになっています。古代のハワイアンはこうして賢く魚を養殖していたんですね^^

 

インスタ映え撮影スポットが沢山!「マウナ・ラニ・ビーチクラブ」周辺

ホペアイア・フィッシュポンドからそのまま道なりに進んでいくと、椰子の木と黒い溶岩の間から青い海が見えてきます。

こちらの写真はマップ5番あたりからの景色です。背の高い椰子の木と青い空、青い海、その先に見えるヨットと小さな小屋。実際目の前にするとその美しさに思わず「わ〜!」と声が出ます^^ 爽やかな風が伝わってくる一枚。そして横を見ると、芝生に囲まれた美しいビーチがあります!

この「マウナラニ・ビーチクラブ」は、マウナラニリゾートに宿泊したゲストが専用のプライベートビーチとして楽しむことができます。プライベートビーチといっても、ハワイのビーチは公共の場所として扱われるため、宿泊していなくても入ることができます^^ ただし、隣接する駐車場とビーチにあるカバナ(日除け付きビーチベッド)は宿泊ゲスト専用になっているので、宿泊していないと使用できません。シャワーなどの施設もしっかりしていてファミリー利用でも安心です^^

目の前に広がる綺麗すぎる海にうっとりしてしまいます。マップ5番のこのマウナラニ・ビーチクラブ周辺の景色はどこを撮ってもインスタ映えします! こんなに綺麗な水平線はなかなか見ることができません。

海を左手にマップ6番まで進んで行くと、ボートやヨットの出入り口があります。運が良ければ、のんびりと甲羅干しをしているウミガメに会えるかも!ハワイの天然記念物のホヌ(ウミガメ)、マウナ・ラニ・リゾート内で出会うと一層神秘的に見えます^^ ※この写真はホヌから3メートル以上離れてズーム撮影しています。

ハワイ州では、少なくともウミガメと3メートル以上離れることを推奨しています。(出典:ハワイ州 水産資源部)触れるのは御法度なのでご注意ください。ソーシャルディスタンスならぬ、“ホヌ・ディスタンス”を守りつつ、楽しく観察したいですね。

そのすぐ近くには、景色が一変、座って休憩できる木陰のスペースがあります。自然のパワーを感じながら、木の下でひと息つく時間も最高に気持ちいいですよ^^ その後、海に面した細い橋を渡っていよいよ世界三大パワースポットへ!

と、その前にもう一枚!こちらはスタッフオススメのインスタ映えスポット!マップ7番の橋の途中にあります。エメラルドグリーンの海がとっても綺麗です。このまま海へ飛び込みたくなるような景色ですよね。新しい撮影スポットとして要チェックです!

 

最もパワーが強いといわれている「カラフイプアア・フィッシュポンド」

もうここはカラフイプアア・フィッシュポンドです!橋の途中では管理者でしょうか、矢クロスボウを持った男性が魚をじっくりと見ていました。(観光客(ビジター)がここで釣りをすることは禁止されています。)マウナ・ラニ・リゾートのフィッシュポンドで一番大きい「カラフイプアア・フィッシュポンド」は4.6エーカーの池で、水深は一番深いところで18フィート(5.5 m)あるそうです。

矢クロスボウを持った男性の足元には大きな魚がたくさん泳いでいました。古代ハワイアンも「どれどれ」といった感じでここから同じように魚を眺めていたんでしょうね^^

この橋はカカイワベイとフィッシュポンドのゲートの役割をしています。海側には黒い溶岩と深い青色をした海が広がり、フィッシュポンドと海の360°癒しの景色!

橋を渡った先にあるマップ8番付近での写真です。なんともユニークで神秘的な場所です。ここに来たハワイラバーズ スタッフは特に霊感も無ければパワーを感じやすい体質でもありませんが、カラフイプアア・フィッシュポンドでの、一歩踏み出すたびに心が満たされ、解放されていく感覚は本当に不思議でした。

さらにマップ9番あたりの海沿いに進んでいくと、小さな浜辺に小さな草葺屋根があります。写真の奥に見える家のような建物はハウラ(Hālau)というハワイの伝統的な建物で、当時は人々が集まってフラダンススクールや何かを習う学びの場所として利用されていました。

ハウラを横目にカラフイプアア・フィッシュポンドの周りを歩いていくと、マップ9番から3番までの間にインスタ映えポイントがあります!すごい角度で曲がったユニークな椰子の木です。椰子の木に乗って撮影している人もいました。のんびり歩いて約1時間、ぜひ世界三大パワースポットであるカラフイプアア・フィッシュポンドで癒しのパワーを体感してくださいね!

 

持ち物:日焼け止めクリーム・水筒かボトルウォーター・日除けの帽子・汗拭き用のハンドタオル・カメラ(携帯のカメラでもOK)・サングラス(あれば)

服装:暑いのでTシャツ、短パンが◎ 日差しに弱い人は薄手の長袖があると良いです。洞窟内は足場が悪いのでスニーカーをおすすめします。

 

マウナ・ラニ・リゾート

カラフイプアア・ヒストリック・パーク駐車場(Kalahuipua’a Historic Park Parking): Waimea, HI 96743

今まで見た店舗

ワタベウェディング - リゾ婚オンラインカウンター

海外ウェディング,リゾ婚,コロナ支援,ハネムーン,海外旅行

レストラン・スパ・アクティビティを探す

使い方はこちら 予約や最新ハワイ情報

人気のお店ランキング

  1. ミシェルズの窓際席 ビーチサイド 確約で予約 バイザシー 花火が見える

    ミッシェルズ・アット・ザ・コロニーサーフ

    フレンチ 予約

  2. ベルニーニの看板 お店の外観 おしゃれなお店 アラモアナにある穴場のレストラン オレンジにライトアップ

    ベルニーニ ホノルル

    イタリアン 予約

  3. ビルズのリコッタパンケーキ ビルズハワイ ハワイのパンケーキ ビーチウォーク テラス席があるビルズ

    ビルズ ワイキキ

    アメリカン カフェ&スイーツ ハワイアン 予約

  4. アロハテーブルのロコモコ 2つの目玉焼き アロハテーブルの絶品オススメの一品 ハンバーグと卵 ソースがたっぷりかかったご飯

    アロハテーブル ワイキキ

    アメリカン ハワイアン 予約

  5. ウルフギャングステーキハウスの看板メニュー 熟成ポーターハウスステーキ 骨付きステーキ Tボーン やわらかいレアステーキ

    ウルフギャングステーキハウス

    ステーキ 予約

  1. ワイキキにあるレンタカー 現地で借りる リーズナブルな価格 免税店 英語で受付 

    ニッポンレンタカー

    レンタカー

  2. ビッグアイランドアバロニのアワビ見学 ハワイ島のおすすめプラン ハワイラバーズ限定予約 アワビと触れ合う カイルアコナ

    ビッグアイランド・アバロニ

    予約 体験&レッスン

  3. ホノルルコーヒーエクスペリエンスセンター エクスペリエンスセンター内 エクスペリエンス広い店内 エクスペリエンス焙煎機 本格的なコーヒーロースター  

    ホノルルコーヒー【焙煎ツアー】

    予約 体験&レッスン

  4. ハワイの海の上 豪華クルーズハワイ キャプテンブルースハワイ ワイキキのサンセット ハワイのサンセット

    ワイキキラグジュアリークルーズ

    クルーズ

  5. ポリネシアンカルチャーセンターのアドベンチャー ラパヌイ 誰でも楽しめる ポリネシア文化を知る オアフ島の北にある遊園地 

    ポリネシア・カルチャー・センター

    予約 体験&レッスン

  1. ワンピースのデザインはいろいろ シンプルなプリントもあり ハワイらしいプリント バンダナがポイント 海に映えるプリント

    ジャムズ ワールド

    お土産 ファッション 雑貨

  2. Tギャラリア外観 ハワイで買い物 ワイキキ買い物 ブランドショップハワイ タックスフリー

    Tギャラリア by DFS ハワイ

    アクセサリー お土産 コスメ ショピングモール ファッション 雑貨

  3. ダニエルKイノウエ空港 デューティーフリー 空港内 ついつい買い物しちゃう いつも混雑

    DFS ダニエル・K・イノウエ国際空港店

    アクセサリー お土産 コスメ ショピングモール ファッション 雑貨

  4. 壁に掛けられた絵 ヘザーブラウンの人気の絵 ハワイの風景 独特のタッチ カラフルなアート

    グリーンルーム ギャラリー ハワイ

    お土産 ファッション 雑貨

  5. ハイドロフラスクの商品 ハワイ限定カラー シェイブアイスカラー グラデーションハイドロ ハワイでしか買えないハイドロフラスク

    ハイドロフラスク / グリーンティーハワイ

    お土産 雑貨

  1. スパカカラの内観 オーガニック素材を使うスパ ハワイのくつろぎ方 スパカカラのラウンジ ハワイリゾ婚

    スパ カカラ

    エステ スパ マッサージ ロミロミ 予約

  2. ホノルルエリートカイロプラクティック自慢のコース 脂肪を燃焼 理想のウエストラインを目指す カップルでも施術可能 1回コースと3回コース

    ホノルル・エリート・カイロプラクティック

    エステ マッサージ 予約

  3. ミハナのスキンケアコース 日焼け後のお肌に 顔のパック ウェディング前のケア ハワイでパック

    ミハナビューティー&スパ

    エステ マッサージ ロミロミ

  4. ドクターボディマッサージ ドクターボディロミロミ ドクターボディリラックス ハワイマッサージ ハワイロミロミ

    ドクターボディ ハワイ ワイキキ店

    エステ マッサージ ロミロミ 予約

  5. ローカル人気ネイル 観光客人気ネイル 技術の高さ ハイビスカスネイル ホヌネイル

    ネイル・ゾーン

    ネイル

Contentsコンテンツ