新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するお知らせ

ハワイ全体の新型コロナウイルス感染症に関する観光情報

CONTENTS

>ハワイの新型コロナウイルス感染症状況  【2021/9/28更新】 

>ハワイの新型コロナウイルスに関する最新ニュース【2021/9/22更新】 
>ハワイの渡航者受け入れに関する規制  【2021/9/17更新】
>ハワイ諸島へのフライト情報  【2021/9/17更新】
>観光情報  【2021/9/17更新】
> ・交通機関
> ・レストラン
> ・ショッピング
> ・アクティビティ/美術館・博物館・名所
> ・イベント
>Hawaii Lovers予約店舗/サービスへの影響 【2021/04/01更新】
>これまでのニュース

 

【ハワイの新型コロナウイルス感染状況】(2021年9月28日更新)

感染者TOTAL:78404(前日より255名増)
 ハワイ島 9889
 オアフ島 54541
    カウアイ島 2215
 ラナイ島 139
 マウイ島 9000
 モロカイ島 222
 検査中 0
 海外にいるハワイ出身者 2398

過去14日間の新規感染者数:5788
重症患者:4249
死亡者:757


リカバリーフレームワーク カテゴリ:Tier5(2021年9月28日現在)

※ハワイのリカバリーフレームワークについての詳細はこちら↓
ハワイのルール リカバリーフレームワークについて

【ハワイの新型コロナウイルスに関する最新ニュース】(2021年9月22日更新)

①ファイザーワクチン認可する年齢変更について

ファイザーは9/20(月)に、COVID-19ワクチンは5歳から11歳の子供に有効であり、この年齢層の米国での認可をまもなく求めると述べた。これは、若者の予防接種を開始するための重要なステップである。

ファイザーとそのドイツのパートナーであるBioNTechによって製造されたワクチンは、すでに12歳以上の誰でも利用できる。しかし、子供たちの学校が始まっており、伝染性の高いデルタ変異が小児感染症の大幅な増加を引き起こしているため、多くの親が幼い子供たちの予防接種を心配して待っている。

これまでのところ、多くの西側諸国は12歳以上のワクチンを接種しており、適切な用量が何であるか、そしてそれが安全に機能するという証拠を待っている状況。キューバは先週、自家製のワクチンで2歳までの子供に免疫を与え始め、中国の規制当局は3歳まで2つのブランドが投与できるようになったとのこと。

Hawaii News Now (英語)

 

②マウイ島でも新規制始まる

マウイ島のいくつかのレストランは、今週から新しい規制を実施した後、労働者を見つけるのに苦労している。規則では、レストランの労働者にワクチンを接種するか、毎週陰性のCOVID検査を提供することが義務付けられている。

「私の従業員の何人かは、仕事のためにワクチン接種を受ける必要がない他の場所での雇用を求めています。ですから、それは大きな挑戦であり、私たちはそれらの穴を埋めるために最善を尽くしている」とカフェオレイレストランのゼネラルマネージャーであるダレンバイラーは述べている。

マウイ島のワクチンまたはテストの義務はまた、常連客が屋内で食事をするために予防接種の証拠を示すことを要求する。ワクチン未接種の人は外に座ったり、テイクアウトを注文したりできる。

マウイ島での新しい規則は9/22(水)に発効し、少なくとも30日間続く。

Hawaii News Now (英語)

 

③アメリカ、外国人入国者にワクチン接種義務

米ホワイトハウスは20日、米国に空路で入国する外国人に11月初めから、新型コロナウイルスのワクチン接種完了を義務付けると明らかにした。原則入国禁止だった欧州などからの外国人の入国をワクチン接種を条件に緩和するそうだ。入国禁止対象外だった日本などにとっては制限拡大になる。航空機搭乗時に接種証明書を提示し、入国後の自主隔離は不要となる。

★9月22日現在、ハワイにおいて日本のワクチン接種証明書は「レストランの入店が可能になる」許可を得ることはできるようになったものの、まだ入国の際に必要な「72時間以内の陰性証明」はまだ取得が必要なのでご注意ください。

東京新聞

>過去のニュースはこちら

 

【ハワイの渡航者受け入れに関する規制】(2021年8月17日更新)

ハワイ州では、ダニエル・K・イノウエ空港への到着72時間以内のCOVID-19検査において陰性証明を提示できる旅行者に関しては、現在義務である10日間の自己隔離措置を免除となります。


詳細は以下の通り:
①10月15日より、72時間以内のPCR検査にて陰性診断を受けた渡航者は10日間の自己隔離は免除
②PCR検査にかかる費用は自己負担
③検査結果を手持ち、もしくは事前にオンラインで提出する必要がある。
④PCR検査の結果と合わせ、空港では渡航歴などを記入するフォーム、及び検温は実施。
⑤④の検温で熱が確認された場合、空港でのPCR検査が再実施。
⑥上記テスト結果を提出できない渡航者は引き続き10日間の隔離制度が適応される。

 
ハワイへの旅行前に準備すること

①まず出発する前にハワイ州の「Safe Travels Program (https://safetravels.hawaii.gov/)」へ登録する
 ⇒これは健康状態や渡航情報を申請するもので、現在提出が義務付けられています。※アカウント登録が必要です。(無料)ハワイの空港到着時に、パスポートと一緒に、Safe Travels Programに申請後に発行されるQRコードを提示する必要があります。画面に出して事前にご準備ください。

②日本にて出発の72時間以内にPCR検査を受け、陰性証明を取得する
 ⇒ハワイ州が指定する医療機関にて、陰性証明を取得する必要があります。医療機関が以下をご確認ください。

③CDCの要請により宣誓書も提出が必要
 ⇒自身が陰性だという事を宣誓する書類をプリントアウトし、サインをして航空会社でチェックインする際に見せる必要があります。宣誓書はこちらから。↓
  誓約書PDF

宣誓書は4つ選択肢があり、内容はそれぞれ以下の通り。
1つ目・・・「自分は陰性である」という内容
2つ目・・・「過去三か月の間に、コロナから回復済」という内容
3つ目・・・代理で「この方は陰性である」という内容
4つ目・・・代理で「この方は過去三か月の間に、コロナから回復済」という内容

いずれかにチェックを入れ、サインと日付を入れたものを持参してください。
以上3点が入国時に必要となります。


陰性証明を取得するには

日本を出発する72時間以内に、ハワイ州保健局が指定する日本国内の医療機関にて、厚労省に承認されているPCR検査を含む核酸増幅検査(※NAAT)を実施して、陰性証明書(英語)を提示すれば、ハワイでの10日間の自己隔離が免除、となります。

 

【ハワイ州指定医療機関リスト】エリア別、50音順 (2021年1月8日更新)

札幌西区ともメンタルクリニック   北海道札幌市   https://tomo-clinic.net/
札幌東徳洲会病院    北海道札幌市    https://www.higashi-tokushukai.or.jp/ 
べにばな内科クリニック   山形県山形市   http://www.benibana-clinic.com/
医療法人 七郷クリニック   宮城県仙台市   http://75clinic.com/
医療法人 めざきクリニック   宮城県仙台市   https://www.mezacli.com/
よこやま内科小児科クリニック   栃木県栃木市   https://www.yokoyamaclinic.net
本沢医院   群馬県渋川市   http://www.honzawaiin.com
はせがわクリニック   埼玉県入間市   https://hasegawaclinic.net/
医療法人 早仁会 久喜メディカルクリニック   埼玉県久喜市   www.kuki-med.jp
医療法人社団 晃悠会 ふじみの救急クリニック   埼玉県入間郡   https://koyu-kai.jp/
青い鳥クリニック千葉   千葉県千葉市   https://aoitori.clinic/
日本医科大学 成田国際空港クリニック   千葉県成田市   https://www.nms.ac.jp/narita/
医療法人社団翠柏会 かしわ沼南みらいクリニック   千葉県柏市   http://mirai-clinic.net
亀田メディカルセンター    千葉県鴨川市    http://www.kameda.com/ja/general/ 
日本医科大学 千葉北総病院   千葉県印西市   https://www.nms.ac.jp/hokuso-h/
クリニックフォア飯田橋   東京都千代田区   https://www.clinicfor.life/articles/overview-covid19/
クリニックフォア 大手町    東京都千代田区    https://www.clinicfor.life/otemachi/ 
クリニックフォア有楽町   東京都千代田区   https://www.clinicfor.life/articles/overview-covid19/
グローバルヘルスケアクリニック   東京都千代田区   https://ghc.tokyo
日比谷クリニック   東京都千代田区   https://hibiya-clinic.com/
辻クリニック   東京都千代田区   http://www.tsuji-c.jp
亀田京橋クリニック    東京都中央区    http://www.kameda-kyobashi.com/ja/ 
聖路加国際病院    東京都中央区    http://hospital.luke.ac.jp/ 
日本橋れいわ内科クリニック   東京都中央区   https://leiwa.clinic
医療法人社団佳有会 品川イーストクリニック   東京都港区   https://izavel.com/
クリニックフォア 新橋   東京都港区   https://www.clinicfor.life/articles/overview-covid19/
クリニックフォア 田町    東京都港区    https://www.clinicfor.life/tamachi/ 
Tケアクリニック浜松町    東京都港区    https://www.tcclinic.jp/pc/ 
芝国際クリニック    東京都港区    http://shibakoku-clinic.com/ 
西新橋クリニック    東京都港区    https://www.tramedic.com/ 
三田国際ビルクニリック    東京都港区    https://www.mkb-clinic.jp/ 
アメリカンクリニック東京   東京都港区   https://www.americanclinictokyo.com/japanese/
インターナショナル ヘルスケアクリニック   東京都港区   https://www.ihc-clinic.jp/
トウキョウ メディカル エンド サージカル クリニック   東京都港区   https://tmsc.jp/jp/
クリニックフォア四谷   東京都新宿区   https://www.clinicfor.life/articles/overview-covid19/
国立国際医療研究センター病院    東京都新宿区    http://travelclinic.ncgm.go.jp/index.html 
東京医科大学病院    東京都新宿区    https://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/ 
ナビタスクリニック新宿   東京都新宿区   https://www.navitasclinic.jp/
浅草橋駅前総合クリニック   東京都台東区   https://asakusabashi-clinic.com/
東陽町南砂みやけ内科   東京都江東区   https://miyake-naika.net/
KARADA内科クリニック    東京都品川区    https://karada-naika.com/ 
ロコクリニック中目黒    東京都目黒区    https://loco-clinic.com/ 
大森町駅前内科小児科クリニック   東京都大田区   https://omorimachi.com/
東邦大学 羽田空港第3ターミナルクリニック   東京都大田区   https://www.haneda.toho-u.ac.jp/international/index.html
医療法人社団創友会 ヒラハタクリニック    東京都渋谷区   https://www.hirahata-clinic.or.jp/
THE KING CLINIC   東京都渋谷区   http://thekingclinic.com
新宿内科   東京都渋谷区   https://shinjuku-naika.jp
つかさ内科   東京都北区   https://tsukasa-cl.jp/
IMSグループ 医療法人社団明芳会 板橋中央総合病院   東京都板橋区   https://www.ims-itabashi.jp/
ナビタスクリニック立川   東京都立川市   https://www.navitasclinic.jp/
のざきはちまん前内科   東京都三鷹市   https://nozaki-hachimanmae-cl.com/
トラベルクリニック新横浜    神奈川県横浜市    https://travelclinics.jp/ 
ナビタスクリニック川崎   神奈川県川崎市   https://www.navitasclinic.jp/
湘南鎌倉総合病院    神奈川県鎌倉市    https://www.skgh.jp/ 
こばやし内科クリニック   新潟県新潟市   https://kobayashi-naika.clinic
医療法人社団 敬和会 遠藤クリニック   静岡県富士市   https://www.endo-cl.jp/
医療法人尚仁会 名古屋ステーションクリニック   愛知県名古屋市   https://station-clinic.com/
藤田医科大学ばんたね病院    愛知県名古屋市    https://bantane.fujita-hu.ac.jp/ 
藤田医科大学岡崎医療センター    愛知県岡崎市    https://okazaki.fujita-hu.ac.jp/ 
藤田医科大学病院    愛知県豊明市    https://hospital.fujita-hu.ac.jp/ 
うかい医院   愛知県日進市   http://www.ukai-iin.com
ありずみ消化器内科   大阪府大阪市   https://arizumi-clinic.com/
医療法人永紘会 足立内科クリニック   大阪府大阪市   https://www.adachi-naikaclinic.jp/tecot
医療法人つづく 梅田トラベルクリニック   大阪府大阪市   http://www.umedatc.com
上本町わたなべクリニック   大阪府大阪市   https://uehonmachi.jp/
奥野病院   大阪府大阪市   http://www.okuno.abeno.osaka.jp/
大阪本町メディカルクリニック   大阪府大阪市   https://tomohirokai.or.jp/
すぎた内科クリニック   大阪府大阪市   https://sugitaclinic.com/
よどやばしメディカルクリニック   大阪府大阪市   http://yodoyabashi-medclinic.com
西梅田シティクリニック    大阪府大阪市   https://nishiumeda.city-clinic.jp/
医療法人 大植医院   大阪府岸和田市   https://www.ohue.jp
医療法人 SKY スカイ整形外科クリニック   大阪府茨木市   http://skyclinic.jp/
野崎徳洲会病院    大阪府大東市    https://nozaki.tokushukai.or.jp/ 
大山クリニック   大阪府泉北郡   https://www.oyamaclinic.com/
医療法人社団柊風会 阿部内科医院   兵庫県神戸市   https://abe-naika-iin.com/
神戸国際医療連携クリニック   兵庫県神戸市   https://kicc-medical.jp/
やまさきファミリークリニック    兵庫県尼崎市    https://yamasaki-family-clinic.com/ 
笹生病院   兵庫県西宮市   https://www.saso.or.jp/
医療法人風天会 森医院   奈良県橿原市   http://www.futen.or.jp/
医療法人正崇会 黒田医院   岡山県岡山市   http://www.kuroda-group.or.jp/
博多ひのきクリニック   福岡県福岡市   https://hinoki-clinic.com
飯塚病院   福岡県飯塚市   https://aih-net.com/
はがこどもクリニック   熊本県上益城郡   www.hagakodomo.com
いわさき小児科 トラベルクリニック   宮崎県宮崎市   https://www.iwasakiclinic.org/


★ハワイ到着後に空港で検温を受け、もし検温の際に体温が華氏100.4度(摂氏38度)以上あった場合や新型コロナウイルスの症状が疑われる場合はまた検査が実施されます。その診断結果により、ハワイで10日間の自己隔離を行う必要が出てくる場合もございます。

陰性証明のない場合

陰性証明のない方は、到着後10日間の自己隔離を実施いただく必要があります。
現在の10日間の自己隔離措置についての詳細は以下の通り。

・自己隔離を行う場所は滞在先の宿泊施設(ホテルやコンドミニアム等のお部屋)となります。
 ※ハワイ居住者は自宅での自己隔離となります。
・ハワイへ到着後は、速やかに空港から直接宿泊先へ向かってください。
・レストランやジム、プールなどの公共施設の利用はできません。
・外出は医療施設を利用する場合のみ許可されます。
・宿泊先には原則、医療関係者の出入りのみが許可されます。

★もし風邪のような症状を発症した際や体調不良の場合は、宿泊先からまずは医療機関へご連絡ください。
 ドクターズ・オン・コール(日本語対応):(808) 923-9966
 ワイキキ緊急医療クリニック(日本語対応):(808) 924-3399
 ドクターズオブワイキキ(日本語対応):(808) 922-2112
 ※高齢者や持病をお持ちの方は、かかりつけの病院の指示を仰いでください。
 ※病院の対応が必要な場合は、医療機関へ連絡し、旅行歴をお伝えください。
 ※もし緊急対応が必要な場合(呼吸困難等)は、911へお電話し、症状と旅行歴をお伝えください。
 
上記のハワイ州が定める義務に従わない場合、罰則が科せられる場合がありますのでご注意ください。

ハワイから日本へ帰国する際に準備する事

①出国前72時間以内に指定病院でPCR検査を受け、陰性証明を受け取る

⇒所定のフォーマットで検査証明を出している医療機関にて、陰性証明を取得する必要があります。医療機関は以下をご確認ください。

②誓約書(PDF)記入

https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100140070.pdf

③日本入国前「質問票Web」登録

https://arqs-qa.followup.mhlw.go.jp

④日本入国後14日間、自宅やホテル等での確実な待機実施のため、お持ちのスマートフォンにアプリ(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00250.html)をインストール

*アプリを利用できるスマートフォンを所持していない場合においても、検疫法に基づきスマートフォンをレンタルすることが求められます。


ハワイで陰性証明を取得するには

所定のフォーマットで検査証明を出している病院の最新情報は以下のとおりです。
なお、下記医療機関で取り扱いが変更される場合がありますので、詳細については、必ず各医療機関にお問い合わせ下さい。
また、有効な「出国前検査証明」フォーマットは、下記サイトから入手の上、各自でご持参いただき、医療機関へお渡しください。

有効な「出国前検査証明」フォーマット
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page25_001994.html

 ・Urgent Care Clinic of Waikiki(日本語可)
  電話:808-924-3399  住所:Bank of Hawaii Building
          2155 Kalakaua Ave. Suite 308, Honolulu, HI 96815
 
・Doctors of Waikiki(日本語可)
    電話:808-922-2112住所:Sheraton Princes of Kaiulani
     120 Ka’iulani Ave. Ka’ilulani Wing 10 &,11 Honolulu, HI 96815
 
・St Luke’s Clinic(日本語可)
  電話:808-945-3719住所:1441 Kapiolani Blvd, suite 2000, Honolulu HI 96814
 
・Waikiki PCR Testing Center(日本語可)
  電話:808-218-6123住所:Waikiki Shopping Plaza 2250 Kalakaua Ave. #410
          Honolulu, HI 96815
 
・Urgent Care Hawaii-Waikiki
  電話:808-921-2273 住所:1860 Ala Moana Blvd #101, Honolulu, HI 96815
 
・Urgent Care Hawaii-Kailua
    電話:808-263-2273 住所:660 Kailua Rd., Kailua, HI 96734
 
・Urgent Care Hawaii-Pearl City
    電話:808-784-2273 住所:1245 Kuala St., Pearl City, HI 96782
 
・Urgent Care Hawaii-Kapolei
    電話:808-521-2273 住所:890 Kamokila Blvd, Kapolei, HI 96707
 
・Straub Doctors on Call
  電話:808-971-6000住所:Sheraton Waikiki 2255 Kalakaua Ave.
Honolulu, HI 96815
 
 ・Stuart Lemer, MD
  電話:808-954-4463住所:970 N. Kalaheo Ave. Suite C316, Kailua, HI 96734


 
 【ハワイ諸島へのフライト情報】(2021年8月17日更新)

日本発着便の一部のフライトに一時運休や減便が実施されています。
ご予約の変更・払い戻し等については直接各航空会社までお問い合わせください。

 

全日本空輸(ANA)

<路線>                
NH186便(羽田⇔ホノルル)  
NH185便(ホノルル⇔羽田) 

<運航日程>

<9月>

羽田‐ホノルル NH186     9月3日、9月6日、9月10日、9月13日、9月17日、9月20日、9月24日、9月27日

ホノルル‐羽田 NH185     9月4日、9月7日、9月11日、9月14日、9月18日、9月21日、9月25日、9月28日

<10月>

羽田‐ホノルル NH186 10月1日、10月4日、10月8日、10月11日、10月15日、10月18日、10月22日、10月25日、10月29日

ホノルル‐羽田 NH185 10月2日、10月5日、10月9日、10月12日、10月16日、10月19日、10月23日、10月26日、10月30日

<11月>

羽田‐ホノルル NH186 11月1日、11月5日、11月8日、11月12日、11月15日、11月19日、11月22日、11月26日、11月29日

ホノルル‐羽田 NH185 11月2日、11月6日、11月9日、11月13日、11月16日、11月20日、11月23日、11月27日、11月30日

詳細:
https://www.anahd.co.jp/ja/jp/topics/notice200206/

 

デルタ航空 (DL)

<路線>
DL180/181便 (羽田⇔ホノルル)
DL278/277便 (関空⇔ホノルル)
DL612/611便 (名古屋⇔ホノルル)

<運行日程>
DL180/181便 2020年12月19日より、週4日運航予定 2021年10月30日まで運休
DL278/277便 2020年3月27日~10月24日※これ以降UPDATEなし 無期限運休
DL612/611便 2020年3月27日~10月24日※これ以降UPDATEなし 無期限運休

 

DL180/181便 詳細:
https://news.delta.com/delta-brings-back-more-flights-across-atlantic-and-pacific-winter-and-summer-2021-JP?fbclid=IwAR1d8hB0qwkEMelVj6ZQUa_EVJrr0Bon4x6PO2pooHbzia0m5jhSHqic8Pk

 

詳細:
https://news.delta.com/coronavirus-update-changes-our-flying-schedule-JP

日本航空(JAL)

<路線> 
JL072/JL071便(羽田⇔ホノルル)
JL074/JL073便(羽田⇔ホノルル)
JL786/JL785便(成田⇔ホノルル)  
JL784/JL783便(成田⇔ホノルル)   
JL794/JL793便(中部⇔ホノルル)  
JL792/JL791便(関西⇔ホノルル)  
JL770/JL779便(成田⇔コナ)
臨時便JL8782/JL8781(羽田⇔ホノルル)

<運航日程>

羽田〜ホノルル間
JAL074 火曜・金曜 羽田発21:00 ホノルル着9:30

ホノルル〜羽田間
JAL073 水曜・土曜 ホノルル発11:55 羽田着15:33

詳細:

https://www.jal.co.jp/inter/route/hawaii/index.html

ハワイアン航空(HA)

<路線>
HA822 / HA821 (成田⇔ホノルル)
HA450 / HA449 (関西⇔ホノルル)

<運行日程>

<9月-10月>

成田‐ホノルル HA822 

9/2(木),9/4(土), 9/7(火), 9/9(木), 9/11(土), 9/14(火), 9/16(木), 9/18(土), 9/21(火), 9/23(木), 9/25(土),9/28(火), 9/30(木)

10/2(土),10/5(火),10/7(木),10/9(土),10/12(火),10/14(木),10/16(土),10/19(火),10/21(木),10/23(土),10/26(火),10/28(木),10/30(土)

ホノルル‐成田 HA821  

9/2(木), 9/5(日), 9/7(火),9/9(木), 9/12(日), 9/14(火), 9/16(木), 9/19(日), 9/21(火), 9/23(木), 9/26(日), 9/28(火), 9/30(木)

10/3(日),10/5(火),10/7(木),10/10(日),10/12(火),10/14(木),10/17(日),10/19(火),10/21(木),10/24(日),10/26(火),10/28(木),10/31(日)

関西‐ホノルル HA450 

9/2(木), 9/9(木), 9/16(木), 9/23(木), 9/30(木)

10/7(木), 10/14(木), 10/21(木), 10/28(木)

ホノルル‐関西 HA449 

9/7(火), 9/14(火), 9/21(火), 9/28(火)

10/5(火), 10/12(火), 10/19(火), 10/26(火)


詳細:https://www.hawaiianairlines.co.jp/Deals-and-Offers/Japan-to-Hawaii-Flights-Sale/

 

HA822便:成田発 火曜・木曜・土曜 週3回 の運行
HA821便:ホノルル発 火・木・日曜 週3回 の運行
HA450便:関西発 毎週木曜週1回の運行
HA449便 :ホノルル発 毎週火曜週1回の運行


詳細:https://www.hawaiianairlines.co.jp/JapantoHawaii


ユナイテッド航空(UA)

<路線>               
UA902便/UA903便(成田⇔ホノルル) 

<運休期間>
UA902/UA903便:2021年1月6日~継続運休中

詳細:

https://hub.united.com/united-covid19-japanflights-2647528607.htm

大韓航空(KE)

<路線>
KE 001/002便(成田⇔ホノルル) 

<運休期間>
KE 001/002便 :9月29日から運航再開予定

詳細は下記HPでご確認下さい。

詳細:
https://www.koreanair.com/global/en/about/news/travel_info/2020_01_CN.html

エアアジアX (D7)

<路線>
D7 1/2 (関空⇔ホノルル)

<運休期間>
D7 1/2 : 2020年3月28日~10月31日※これ以降UPDATEなし

ジップエア(ZIPAIR)

<路線> 
ZG1/ZG2便(成田⇔ホノルル)

<運行日程>
ZG1便(ホノルル→成田線)

9月 木曜運航

10月 木曜、土曜運航

ZG2便(成田→ホノルル線)

9月 水曜運航

10月 水曜、金曜運航

観光情報】(2021年09月17日更新)

現在ハワイ州では、コロナウィルス感染拡大防止のため、レストランや観光スポット、アクティビティなど、通常営業を行なっていない場所があります。状況は日々変更となる場合がありますので、最新情報をご確認ください。

 

交通機関

 

スピーディーシャトル
営業中 オアフ島$16~ マウイ島$22~ カウアイ島$12.78~ ハワイ島$18.35~
詳細については、ウェブサイトよりご確認下さい。

詳細:
 https://www.speedishuttle.com/

ハーツレンタカー
営業中
詳細については、ウェブサイトよりご確認下さい。

詳細:
 https://offer.hertz.com/offers/index.jsp?targetPage=LOC_TEMP_CLS_20.jsp&dialect=jaJP

ニッポンレンタカー
3月24日(火)からハワイ全営業所を一時休業。
詳細については、ウェブサイトよりご確認下さい。

詳細:
 https://www.nipponrentacar.co.jp/hawaii/

ロバーツハワイ
ホノルル空港シャトル、コナ空港シャトル、マウイ空港シャトル、カウアイ空港シャトルの運行中


詳細:

https://www.robertshawaii.com/airport-shuttle/

 

ワイキキトロリー(オアフ島)
Green/Blue Line, Red Line, Pink Line(30分間隔で運行)再開

詳細:
https://jp.waikikitrolley.com/

 

レストラン

閉店レストラン(あいうえお順):
・Artizen by MW
・Ahi Assassins
・アラン・ウォン
・Uncle’s Fish Market at Pier 38
・カクズ寿司&シーフードビュッフェ
・KAPISPA
・甚六パシフィック
・チャートハウス
・鉄板焼き 銀座おのでら
・トップ・オブ・ワイキキ
・ニューオータニカイマナビーチホテル 都レストラン
・NOBU HONOLULU
・HASR Bistro (Terry’s Place)
・フォルマジオ・ワインバー
・ベーカリー&テーブル
・Miyako Japanese Restaurant
・リケリケドライブイン
・焼き肉ふたご

ショッピング*オアフ島

アラモアナセンター 営業時間

月曜~木曜 午前11:00~午後7:00 

金曜~土曜 午前10:00~午後8:00

日曜日   午前11:00~午後6:00

ターゲット 午前8:00~午後10:00

フードランドファームス 午前6:00~午後9:00

ロングスドラッグス 午前6:00~午後11:00

詳細:
https://www.alamoanacenter.com/en/visit/covid-19-update.html

 

インターナショナルマーケットプレイス
午前11:00~午後8:00営業中

店舗により営業時間が異なる場合がございます
詳細: 
https://shopinternationalmarketplace.com/pages/covid-19-update

 

カハラモール
月曜~土曜 午前10:00~午後9:00 日曜 午前10:00~午後6:00 営業中
詳細: 
https://www.kahalamallcenter.com/

ホールフーズマーケット:午前7時から午後10時まで営業中
*60歳以上の方は午前7時から午前8時まで優先的にご利用できます。

 

ウィンドワード・モール
月曜~土曜 午前10:00~午後9:00 日曜 午前10:00~午後6:00 営業中
詳細: 
https://www.windwardmall.com/health-safety/

 

カ マカナ アリイ
月曜~土曜 午前10:00~午後9:00 日曜 午前10:00~午後6:00 営業中
詳細: 
https://www.kamakanaalii.com/event/health-and-safety/2145542132/

パールリッジセンター
月曜~土曜 午前10:00~午後8:00 日曜 午前10:00~午後6:00 営業中
詳細: https://pearlridgeonline.com/

 

ロイヤルハワイアンセンター
月曜~土曜 午前11:00~午後8:00 営業中
詳細:
https://jp.royalhawaiiancenter.com/directory/

 

ワイキキショッピングプラザ
Tanaka of Tokyo 午後5時から午後9時まで営業中

Buho Cantina 午後4時から午前0時まで営業中

SKY Waikiki 午後4時から午前0時まで営業中 

Starbucks 午前7時から午後3時まで営業中

ABCストア:午前8時から午後9時まで営業中

詳細: 
https://waikikishoppingplaza.com/covid-19-closures/

 

ワイケレプレミアムアウトレット
月曜~土曜 午前11:00~午後7:00 日曜 午前12:00~午後6:00 営業中
店舗により営業時間が異なります
詳細: 
https://www.premiumoutlets.com/outlet/waikele

 

ワードビレッジ
ほとんどのお店が営業中ですが、営業時間は異なります。
詳細:
 https://www.wardvillage.com/articles/ward-village-update/

レストランもソーシャルディスタンスをまもり、イートインも可能に
詳細:
https://www.wardvillage.com/articles/restaurant-and-retail-services/

 

T ギャラリアハワイ by DFS (オアフ島)

3月20日(金)から無期限の休業中

詳細: https://www.dfs.com/jp/hawaii

 

DFS stores at Daniel K. Inouye International Airport: (オアフ島)

3月20日(金)午後2時から休業中

詳細: 
https://www.dfs.com/jp/hawaii

 

ショッピング*ハワイ島

キングス・ショップ
各ショップやレストランの営業時間が一部変更になりました
詳細については公式サイトにてご確認下さい
詳細: https://www.kingsshops.com/weekly-events

 

クィーンズマーケットプレイス
各ショップやレストランの営業時間が一部変更になりました
詳細については公式サイトにてご確認下さい
詳細: https://www.queensmarketplace.com/events/

 

ザ・ショップス・アット・マウナラニ
各ショップやレストランの営業時間については公式サイトにてご確認下さい
詳細: https://www.shopsatmaunalani.com/

 

パーカーランチセンター
各ショップやレストランの営業時間については公式サイトにてご確認下さい
詳細: http://parkerranchcenter.com/coronavirus-awareness-statement/

 

アクティビティ/美術館・博物館・名所*オアフ島

以下は、オアフ島で休業しているアクティビティ/美術館・博物館・名所です。
ハワイの州立公園の開園情報は以下よりご覧ください:
https://dlnr.hawaii.gov/dsp/announcements/covid-19-leads-to-parks-and-facilities-closures/

 

イオラニ宮殿
詳細: https://www.iolanipalace.org/

 

クアロアランチ・ハワイ
詳細: https://www.kualoa.jp/news/close202003/

 

戦艦ミズーリ記念館
詳細:https://ussmissouri.org/jp/#modal

 

太平洋航空博物館
詳細: https://www.facebook.com/bowfinpark

 

ドールプランテーション
詳細: https://www.doleplantation.com/

 

ハナウマ湾
詳細: https://hanaumabaystatepark.com/

 

ハワイ州立美術館
詳細: https://hisam.hawaii.gov/

 

パラダイスコーブルアウ
詳細:https://www.paradisecove.com/ja/ja-home/

 

ビショップ博物館
詳細: https://www.bishopmuseum.org/covid19/

 

ブルーノートハワイ
詳細:https://bluenotehawaii.com/

 

ホノルル美術館
詳細: http://blog.honoluluacademy.org/homa-community-update-covid-19/

 

ホノルル動物園
詳細: https://honoluluzoo.org/

 

ポリネシア・カルチャー・センター
詳細:https://polynesia.jp/

 

ワイキキ水族館
詳細:https://www.waikikiaquarium.org/

 

最新情報は各社のホームページよりご確認ください。
★オアフ島で閉鎖されている公園の一覧は以下より確認ください。

 

アクティビティ/美術館・博物館・名所*ハワイ島

 

アカカ州立公園
詳細: https://dlnr.hawaii.gov/dsp/parks/hawaii/akaka-falls-state-park/

アトランティスサブマリン
詳細: https://atlantisadventures.com/kona/

キラウエアビジターセンター
詳細: https://www.nps.gov/havo/index.htm

ケアラケクア湾州立歴史公園
詳細:https://dlnr.hawaii.gov/dsp/parks/hawaii/kealakekua-bay-state-historical-park/

 

ハプナビーチ州立公園
詳細: https://dlnr.hawaii.gov/dsp/parks/hawaii/hapuna-beach-state-recreation-area/

フリヘエ宮殿
詳細: https://dlnr.hawaii.gov/dsp/parks/hawaii/hulihee-palace/

マウナケア・ビジター・インフォメーション・センター
詳細: http://www.ifa.hawaii.edu/info/vis/

ワイルク州立公園
詳細: https://dlnr.hawaii.gov/dsp/parks/hawaii/wailuku-river-state-park/

 

イベント

アロハスタジアム・スワップミート (オアフ島)
10月15日~ 土日のみ営業。※1ドルの入場料が発生します。
土曜日:8:00am – 1:00pm 
日曜日:6:30am – 1:00pm 
詳細:https://alohastadium.hawaii.gov/

ホノルルハーフマラソン・ハパルア2020(オアフ島)
4月5日(日): 中止
詳細:http://hapalua.honolulumarathon.jp/2020/

メリーモナーク・フェスティバル(ハワイ島)
4月12日(日)〜18日(土):中止
詳細:https://www.merriemonarch.com/

ワイキキ・スパム・ジャム (オアフ島)
4月25日: 中止
詳細: https://spamjamhawaii.com/

ランタンフローティング・ハワイ (オアフ島)
5月25日: 中止
詳細: https://lanternfloatinghawaii.com/

第13回 Festival of Pacific Arts (オアフ島)
6月10日(水)〜21日(日):中止
詳細:https://festpachawaii.org/


ホノルルマラソン(オアフ島)
2020年12月13日(日)開催断念 ※中止か延期か検討中

 


 


Hawaii Lovers予約店舗/サービスへの影響
(2021年4月1日更新)

 

ハワイ州内にて発生している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、複数の店舗/サービスに影響が出ております。

Hawaii Loversにてレストラン、アクティビティ、スパのご予約をご検討のお客様はそれぞれのご予約ページへ詳細情報を記載しておりますので、内容のご確認をおい致します。

 

<2021/4/1更新 影響の出ている店舗/サービス一覧>*あいうえお順

■レストラン:

アキラジャパニーズレストラン

アズーア

アペティート クラフトピザ&ワインバー

アロハテーブル

イーティングハウス1849

ウルフギャングステーキハウス

エッグスンシングス アラモアナ店

エッグスンシングス コオリナ店

MWレストラン

大阪焼肉・ホルモン ふたご※閉店しました

カフェ・モーリーズ

キオラ

牛角

・クラッキンキッチン※閉店しました

サントリー

ザ ラウンジ

ジーニアス

シェフ チャイ

ジグ

・心玄 ハートムーン移転しました

・甚六パシフィック※閉店しました

ステージレストラン

ストリップステーキ ワイキキ

タオルミーナ シチリアン キュイジーヌ

デック

・トニーローマ ※12月1日よりFire Grillにてメニューを楽しめるように。

トミーバハマ

ビルズ ワイキキ

ファイヤーグリル

ブホ・コシーナ・イ・カンティーナ

プルメリアビーチハウス

ヘブンリー アイランドライフスタイル

ベルニーニ ホノルル

ホクズ

ホノルルコーヒー

ミシェルズ・アット・ザ・コロニーサーフ

ラヴィ

ルースズクリス ステーキハウス ワイキキ店

ルースズクリス ステーキハウス ウォーターフロントプラザ店

ルースズクリス ステーキハウス ラハイナ店

ルースズクリス ステーキハウス カウアイ店

ルースズクリス ステーキハウス コハラコースト店

ルースズクリス ステーキハウス ワイレア店

ロイズ ハワイカイ

ロイズ ワイキキ

 


■スパ・アクティビティ

アバサ スパ

イルカ中学/大学

キューブ コスメティックス

シーライフパーク・ハワイ

スパ・カカラ

セグハワイ

ナ ホオラ スパ

ハンズ・ヒーデマンサーフスクール

ポリネシア・カルチャー・センター

マンダラ スパ

スパ・アット・ザ モダン ホノルル

 

※店舗より最新情報が到着し次第、随時更新いたしますが、時差の影響で数時間情報が遅れる可能性がございます。ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

 


 

これまでのニュース

9月22日(水)

①セーフアクセスオアフプログラムが開始

9/13(月)から、市のセーフアクセスオアフプログラムがスタート。今のところ13日から60日間、ほとんどのオアフ島の企業や州の施設を訪問するには、ワクチン接種証明書またはCOVID検査の陰性証明書であることを示す必要がある。加えて海外からのワクチン接種証明書も承認され、日本の接種証明書もOKに。

 

プログラム対象となる施設:

-レストラン(屋内の飲食スペースを常置しているスーパーやフードコート含む)

-ジムやフィットネスセンター、ヨガ、ピラティス、バレー、ダンススタジオ、ボクシング/キックボクシングジム、フィットネス・ブートキャンプ、屋内プール等

-ボウリング場

-射撃・アーチェリー会場

-プール

-ビリヤード施設

-映画館

-美術館/博物館

-その他レクリエーションゲームまたはエンターテイメントセンター

-ボタニカルガーデン

-動物園

-水族館・海洋生物関連のアトラクション

-商業用ポート

-公共・プライベートプール

-その他アトラクション(カルチャー関連、ゴーカート、ミニゴルフ)

 

※レストランの場合、ワクチン接種を受けたことを証明できない場合は、
 テイクアウトのみ注文できる。
※従業員はワクチン接種するか、毎週COVID検査を受けていることを証明する
 必要がある。

ただしこの規制は、12歳未満の人、配達を行う人、または国有地に10分未満滞在する人は免除される。また、公立学校の生徒と一部の施設(矯正センター、裁判所、ビーチパーク、その他の屋外レクリエーションエリア)も免除される。

国務省によると、この規制にはパイロットや客室乗務員、ゲートワーカー、ギフトショップの従業員、空港のレストランやバーのすべての人が含まれる。また、請負業者、ベンダー、または許可証の所有者(Uber、Lyft、タクシーの運転手など)も委任の対象に。

<日本の接種証明書について>

日本の場合米国と異なり、各自治体によって証明書の見た目やフォーマットが異なり、ハワイの各施設で全ての証明書の把握をすることが難しいため、このワクチン接種証明書を提示しても一部の施設、機関で入店・入館できない可能性もあるとのこと。

海外からの渡航者のワクチン接種証明書の条件:

-FDA(米国食品医薬品局)が承認している新型コロナウイルス感染症のワクチン接種メーカーであること(ファイザー、モデルナ、またはジョンソンアンドジョンソンのいづれか)

-最終接種日より15日経過していること

-公的機関(自治体)が発行した海外渡航用新型コロナワクチン接種証明書であること

-英語にて接種証明が記載されていること

 

身分証明書の条件:

-氏名と顔写真があるもの

-氏名と生年月日があるもの

例:パスポート、ハワイ州が発行する身分証明書、運転免許証、学生・在職証明証

 

※注意事項:

-アストラゼネカ社のワクチンは米国食品医薬品局から正式なワクチンとして現在承認されていない。

-場合によっては上記ワクチン接種証明書が承認されない可能性がある。

詳しくはこちら↓
Hawaii News Now (英語)
All Hawaii

 

②一部ホテルでワクチン接種証明書必須

ハイゲートハワイホテルグループは、10月からすべてのゲストと訪問者にCOVIDワクチン接種証明書を要求し始めると述べた。

ワクチン接種証明書が必要なホテルは、「アロヒラニ・リゾート・ワイキキ・ビーチ」「アストン・ワイキキ・ビーチ」「パーク・ショア・ワイキキ」「アンバサダー・ワイキキ」「パール・ワイキキ」「ヒルトン・ガーデン・イン・ワイキキ・ビーチ」「コートヤード・バイ・マリオット・ワイキキ」である

ホテルの従業員の多くは、市のセーフアクセスオアフプログラムの下で9/13(月)までに予防接種を受ける必要がある。

ハイゲートハワイホテルグループは、従業員にワクチン接種が必要な場合、すべての人に安全な環境を確保するために、ゲストが同じ規則に従うことが重要であると述べた。

会社の関係者は、ゲストのための規則が10/15(金)に発効すると述べた。いずれかのホテルの予約を希望する訪問者には、要件が通知されるとのこと。

Hawaii News Now (英語)

 

③感染者拡大で観光業界に大打撃

イゲ知事が訪問者にCOVIDの急増の中で渡航を控えるよう伝えてから3週間後、観光業界の指導者たちは経済的損失は数百万に上る。

旅行シーズンの遅れ、イゲ知事の規制発表後のキャンセル、そして海外からの訪問者の少なさはすべて、観光業界に不安を引き起こしている。

その発表の1時間以内にキャンセルが入り始めたとのこと。マウイ郡では少なくとも52,004室の夜間キャンセルが発生し、少なくとも2540万ドルの損失が発生していると同氏は述べた。

マウイパラダイスプロパティのマネージングパートナーであるジョンケバン氏は、30人以上のスタッフがいる300件のバケーションレンタルを扱っている。彼は50万ドルの収入に相当する270以上のキャンセルがあったと言う。

マウイ島のホテルリーダーによると、9月の一般的な占有率は約50〜60%だが、ホテルの報告によると、占有率は20〜30%に低下している。

Hawaii News Now (英語)

 

9月15日(水)

①ハワイ州への観光客減少

州のデータによると、イゲ知事がCOVIDの急増の中でハワイ州に旅行しないように旅行者に求めた後、ハワイでは訪問者数が減少している。

Safe Travelsのデータによると、ハワイでは、知事が発表した8月23日までの2週間で約38万人の訪問者が訪れた。

ハワイでは、レイバーデーの週末に訪問者数がわずかに増加したものの、金曜日から日曜日までで約65,000人の訪問者がハワイ州に訪れ、以前の週末より約10,000人少なかった。

知事は、COVID症例の急増とハワイの病院への負担の原因となっているデルタ変異体の急速なコミュニティの広がりのために、訪問者にハワイに近づかないように引き続き求めている。

 

詳しくはこちら↓
Hawaii News Now (英語)

 

②反ワクチン接種者の抗議

ワクチン接種反対者とその支持者は、9/4(土)にナナクリの移動式ワクチン接種クリニックで衝突。共和党のカート・フェベラ上院議員は、ワクチン接種や検査を受けようとしていた多くの住民が、この抗議のせいで診療所を避けてしまっていると述べた。

デモ参加者はマスクとワクチンの義務をめぐってホノルル市長のリック・ブランジャルディと衝突したとのこと。

ジョシュ・グリーン中尉は、9/4(土)の夜にワイキキで行われたワクチン接種反対集会も感染拡大イベントになるのではないかと心配していると語った。

デービッド・イゲ知事が大規模な集会を防ぐために、レイバーデーの週末に72時間の「外出禁止令」を出すよう働きかけたのはそのためだと彼は言ったが、実際外出禁止令は発行されなかった。

詳しくはこちら↓
Hawaii News Now (英語)

 

③セーフアクセスオアフについて

9月13日よりオアフ島で開始される「セーフアクセスオアフ」プログラムにおいて海外発行のワクチン接種証明書につき、ハワイ州「セーフトラベルズプログラム」との調整が必要となるため、ホノルル市郡は海外発行のワクチン証明書の承認を一旦延期することとなった。

9月13日よりオアフ島で、「セーフアクセスオアフ」プログラムが施行されるにあたり、レストランやバー、ジム、その他の施設を利用する際のワクチン接種証明書の提示、または過去48時間以内にFDA(米国食品医薬品局)より承認されている新型コロナウイルス感染症検査(分子または抗原検査)の陰性証明書とともに身分証明書の提示が義務付けされる。実施期間は9月13日から約60日間となる。

詳しくはこちら↓
All Hawaii 

 

④3連休の取り締まり

政府は3連休にかけて、大規模な集会を避けCOVIDの蔓延を防ごうとし、警察官は集会の制限人数が守られているかを確認するために、公園やビーチを巡視していた。

レイバーデーの長い週末、アラモアナビーチパークでの集会は少人数で、人々はかなりソーシャルディスタンスを守っていた。

警察官は大人数グループに注意するように指示されていたそう。屋内での集会は10人に制限されているが、屋外での集会は25人に制限されている。ルールに違反した場合、250ドルの罰金が科せられる可能性がある。

1週間前に大規模なビーチパーティーがNewsで報道された後、郡長と知事は執行を取り締まった。

警察官もワイキキの人気のあるビーチをパトロールしたが、警察官はグループサイズ違反に関連して特段めだった違反はなかったと述べた。

詳しくはこちら↓
Khon2  (英語)

 

9月1日(水)

①ロックダウンの噂について

8/29(日)デービッド・イゲ知事はCOVID感染症例の急増が続く中、ハワイでのロックダウンについての「噂が広まっている」ことを否定した。

デービッド・イゲ知事はフェイスブックとツイッターの投稿で、「現在、ロックダウンする計画はない、ロックダウンを噂するソーシャルメディアへの投稿はすべて真実ではない。」と述べた。イゲ知事は、続けて「公式発表は常に公式アカウントからしかありません。」と述べた。

この発言は、ハワイが1,678件のCOVID感染報告があった8/29(日)に行われた。過去14日間で、州では11,000件近くの新規症例が発生している。

詳細はこちら↓
Hawaii News Now (英語)

 

②コロナ禍にも関わらず大規模なパーティーが開催された

Department of Land and Natural Resources(以降:DLNR)の執行役員は、8/28(土)の午後、オアフ島東部の海岸線で大規模なパーティーを発見し、解散させた。

DLNRは、パーティーに300〜400人が参加したと推定しているが、その中の4名が名をあげられた。彼らは、集会に関するオアフ島のCOVID規則に違反したためだけではなく、公園内に許可されていない発電機と音響機器を持っていたためだ。彼らはまた、イベントの主催者を調査している。

「この集会は感染拡大の大きな原因をつくり、コミュニティに広がる不必要なCOVID感染のきっかけを作った」と施行チーフのレデュラは述べている。

ソーシャルメディアで流出しているイベントの様子のビデオは、多くの人がマスクをしていない状態でビーチの上で集まっているのが見受けられた。

「今後、このパーティーで使用された機器や備品を没収するよう役員に指示した。彼らの友人や愛する人が感染してしまったり命を落としてから彼らが気づくのでは遅い」とレデュラは述べた 。

また、このパーティーの参加者の多くがUHの学生であったそうだ。

詳細はこちら↓
Hawaii News Now (英語)

 

③新たな規制発表

9月13日(月)以降、オアフ島のレストラン、バー、ジム、その他の施設への入店を希望するお客様は、予防接種の証明(ワクチン接種カード)または過去48時間以内に行われたCOVIDテストの陰性証明書を提示する必要がある。

この”セーフアクセスオアフプログラム”は60日間有効である。

そして、この規則は市の緊急命令の対象となるすべての事業に義務付けられる。

注文の対象となる施設は次のとおりだ。

  • レストランやバー(テイクアウトは免除されます)
  • ダンススタジオを含むジムやフィットネス施設
  • ボウリング場、アーケード、ビリヤード場
  • 映画館
  • 美術館
  • 植物園、動物園、その他のアトラクションの屋内部分

ホノルル市長のリック・ブランジャルディ氏は、COVID症例数の急増による医療施設への負担も懸念し、8/30(月)にプログラムを発表した。

また、市長はレストランやバーは午後10時にアルコールの提供を停止する必要があると述べた。バーやレストランに加えて、映画館や美術館は顧客にワクチンカードや陰性証明書を依頼する必要がある。

12歳以下の子供はワクチンの要件が免除される。

ブランジャルディ氏は、レストランの従業員も予防接種を受けるか、定期的にCOVIDテストを受ける必要があると述べた。

いわゆる「ワクチンパス」プログラムは、デルタバリアントの急速な拡大を抑えることを目的とした、これまでに発表された最も重要な政府の措置の1つである。

詳細はこちら↓
Hawaii News Now (英語)

 

8月25日(水)

①入院の件数が増えたがロックダウンは厳しい模様

8/20(金)の午後、州全体で約380件のCOVID患者の入院があった。これはパンデミックが始まって以来、最大の数字である。

多くの保健当局は、週末の前になぜ追加の制限が設けられなかったのか疑問に思っている。

ハワイ郡のミッチ・ロス市長は、デービッド・イゲ知事に、ハワイ島のビーチを閉鎖し、すべての旅行者に旅行前のテストプログラムを復活させるよう要請している。ロス氏によると、ハワイ島のコロナウイルス患者の90%はワクチン接種をしていないとのこと。

このようにロックダウンをするかと議論されたが、一方でワクチン接種を受けた者にとっては「公平ではない」と言う人もいる。

すべてをロックダウンすることで、人々が破産し、家賃や住宅ローン、または子供たちの食べ物を支払うことができなくなる可能性があるため非常に厳しい決断であると副知事のジョシュ・グリーン氏は言った。

マウイ郡のマイケル・ビクトリーノ市長は8月19日(木)に、「ワクチン接種をした人としていない人を混ぜ合わせずに、感染拡大を減らすために完全に予防接種を受けていることを、カードで提示できるワクチンパスポートを活用していくことに賛成である」と述べた。 

カウアイ市長のデレク・カワカミ氏は、イゲ知事が適切と考える予防措置を支持すると述べた。

詳細はこちら↓
Khon2(英語)

 

②コロナ増加に伴う新たな制限

現在の制限を超えるオアフ島でのすべての大規模な集会が、新しい規則(屋内で10人、屋外で25人)によりキャンセルされることになった。

この新しい規則は8/25(水)に発効し、少なくとも28日間有効となる。これは、ワイキキシェルやブライスデルセンターで開催されているイベントを含め、全面的に適用される。

規則の影響を受ける集会

  • 結婚式や葬儀
  • 会議
  • コンサートやライブイベント
  • チケット付きのスポーツイベント

ブランジャルディ氏によると、市長の命令は少なくとも180の専門家が主催するイベントに影響を与え、その中には最大1,000人が参加できる約26つの集会が含まれるそう。

ハワイヘルスケア協会によると、8/23(月)の時点で、ハワイでは410人がCOVIDで入院してる。そのうち320人がオアフ島におり、60人以上がICUで治療を受けている。

ブランジャルディ氏は、現時点では「外出禁止令」などの追加の制限に賛成はしていないものの、感染が急増し続けた場合は「必要な措置」をとる準備ができていると明言を避けた。

詳細はこちら↓
Hawaii News Now (英語)

 

③イベントでのクラスター感染

8/19(木)に州保健省は、7月にCOVIDクラスター調査に光を当てる新しいレポートを発表した。1つは屋内コンサート、もう1つは結婚披露宴だ。

州は、23件のクラスター感染がオアフ島のバーでのコンサートに関連していると述べた。そのうち16件は、従業員、バンドメンバー、コンサートの参加者の間で発生た。陽性と判定された人のうち、ワクチン接種を完了していたのは4人だけだった。

州は、コンサートが混雑した環境で屋内で開催されただけでなく、バ​​ンドのメンバーが体調が悪いにも関わらず、演奏したと述べた。そしてメンバーらは誰もワクチン接種をしていなかった。

別のクラスターは、オアフ島の屋内宴会場での結婚披露宴。参加した28人のうち、12人がCOVID陽性だった。それらの人々のうちの4人はワクチン接種完了者だった。

陽性と判定された人のほとんどは、軽度から中等度の症状を経験した。

披露宴の参加者とその配偶者がCOVIDの症状を呈し、同じ会場で行われた結婚式のリハーサル中に新郎新婦に感染したのが確認されたそうだ。

陽性反応が出たうちの1名は、リハーサルの前にラスベガスに旅行したが、症状が出た後は結婚式や披露宴に出席しなかったと報告している。

参加者は誰もがお互いを知っていたことで安心感があり、マスクの着用が、ソーシャルディスタンスがほとんどとれていなかったそうだ。

詳細はこちら↓
Hawaii News Now (英語)

 

・8月18日(水)

①ハワイでの感染者数は日に日に増えている

パンデミックが始まってからのハワイの総症例数は51,739に増加した。過去14日間で、州の保健当局は、8,165件の新しい症例があったと述べている。

州は、COVIDに感染した人のワクチン接種状況について毎日の報告はしていない。

州の人口の約61.2%は完全にワクチン接種されており、68.9%は少なくとも1回の接種を受けているとのこと。

詳細はこちら↓
Hawaii News Now (英語)

②3回目のワクチン接種が始まる

CDCが8/13(金)に免疫不全の人に3回目の投与を提供する許可を出した。CDCは、現在癌治療を受けている人、臓器移植または幹細胞移植を受けた人など、免疫不全の人に3回目のワクチン接種を推奨してる。

早速、8/13(金)にこの連絡が入ってすぐワクチンに対する需要が高まる可能性があったため、カポレイのワクチン接種場はその日の午前中にスタッフを追加したり、カラニのワクチン接種場では少なくとも1000回の予防接種を行えるようにしたりと準備を整えたとのこと。

8/15(日)にはワイパフにある移動診療所には、普段の2倍の人がワクチンを接種しにきた。

実際に三回目のワクチンを接種した人は、「サンディエゴにいる4歳の双子の孫を訪ねるつもりで、孫たちも、そして私自身も守るために接種した。」と述べている。

また、他にも「私にはワクチン接種を受ける資格のない5歳の子供がいるので、3回目の接種で子供を守っている」と述べている方もいた。

パシフィックヘルスは今週、いくつかの学校に臨時でワクチンクリニックを開設する予定としている。

詳細はこちら↓
Hawaii News Now (英語)

③コロナウイルス対策に向けた新しい規制

伝染性の高いデルタ変異体の蔓延を抑えるため、イゲ知事は8/10(火)に集会の制限を強化することを発表。

次の制限は8月10日(火)より有効となった。

  • 懇親会は、屋内で10人、屋外で25人を上限とする。
  • バー、レストラン、ジム、社交施設など、リスクの高いすべての活動について、屋内の収容人数は50%に設定。
    • 席は少なくとも6フィートの距離を保たなければならない。
    • 他の客と混ざるのは禁止されており、飲食時を除いて常にマスクを着用する必要がある。
  • 専門的なイベントは、すべての州および郡の命令に準拠する必要がある。50人以上の人が集まる場合は、郡当局に通知して相談する必要がある。(ウエディングなど)

イゲ知事は記者会見で、感染を減らすためには、人と人との接触を最小限に抑える必要があると述べた。そして人々はワクチン接種を受け、マスクを着用することが不可欠であることだと付け加えた。

ハワイ州への訪問者からの症例数は比較的少なく1〜2%、旅行関連の症例の大部分は帰国者であると述べた。

また、現在200人以上のCOVID-19患者が入院しており、そのほとんどがワクチン未接種の患者であるとのことで、あらためてワクチン接種の重要性を強調した。

州当局によると、ハワイの病院はすでにほぼ満床状態にあり、COVIDでない、緊急援助を求める他の患者のケアに手がまわらない状況だそうだ。この病院の限界をみながら、今後もしかするとコロナ対策のために、さらに厳しい規則が出る可能性がある。

詳細はこちら↓
Hawaii News Now (英語)

 

④入院患者数の増加により深刻化する状況

8/15(日)時点で約300人がCOVID-19で入院、そのうち、270人以上がワクチン未接種であるそう。また、8/15(日)の時点で、クイーンズの68床のICUベッドのうち58床が埋められたそうだ。ヒロメディカルセンターでは、病院は11床のICUベッドすべてが使用されていると報告している。そのうちの6床はCOVID患者が使用しているとのこと。

これは、COVID患者以外の患者が必要なときに救急医療を利用できない可能性があるということだ。

ジョシュ・グリーン中尉は、イゲ知事が発表した最新の規制(懇親会の規模を屋内で10人、屋外で25人に減らした規制)による影響を見るのは時期尚早だと述べている。

現在の状況が続けば、近い将来、入院患者は400人に急増する可能性があると予測している。

詳細はこちら↓
Hawaii News Now (英語)

 

⑤偽のワクチンカード使用で逮捕

ハワイ司法長官事務所の当局は、偽のワクチン接種カードを使用して州のセーフトラベルのプログラムを回避しようとしたとしてアメリカ本土からの訪問者を逮捕した。

フロリダ州マイアミのダニエラとエンツォ・ダルマッツォは、8月11日(水)に2人の子供と一緒にオアフ島に訪問したと当局者は述べている。

彼らはノースショアで逮捕された。

裁判所の文書によると、彼らは、まだワクチン接種ができない2016年と2017年に生まれた子供のための偽のワクチンカードも持っていたそうだ。

彼らは合計8,000ドルを保釈金として支払った。

これは、検疫を回避するため、偽のワクチン接種カードを使用したと逮捕された訪問者の2番目の既知のケースだ。

詳細はこちら↓
Hawaii News Now (英語)

・8月11日(水)

①症例増加により需要の上がる検査

COVID‐19の症例数が増加する中、多くの人々がCOVID-19の検査を受けている。

ホノルル空港にある、市で行われている無料のCOVID‐19検査には長蛇の列ができており、多くの人々がテストを受けるために何時間も待っていた。

中には、検査を受けるまで3時間以上待ったと話した人もいる。この列には、すでにワクチン接種を済ませているが、感染していないことを確認したい人も含まれていた。ラスベガスからハワイに戻ったという男性は、ハワイの感染者数を増やしたくないという想いから検査をうけたようだ。

 

コロナウイルスの急増の中でオアフ島の住民のために無料のCOVID-19の検査が様々な地で行われている。

実際、市全体で土曜日の午後のみで約900回のテストが実施された。市は、ホノルルの空港で行っている無料のCOVID-19の検査を8月14日土曜日まで延長したそうだ。

 

詳細はこちら↓
Khon2 (英語)

 

②ワクチン接種の大切さを訴えかける

 

入院をしているCOVID-19患者の数は、8月7日土曜日に200人を超えた。

当局は、オアフ島西部での症例の急増に対処していると述べた。

伝染性の高いデルタ変異体が州全体に広がるにつれて、さらに多くの症例が報告されている。

保健省(DOH)は、7月22日時点で826,289人がCOVIDに感染したと報告している。

完全にワクチン接種を終えたハワイの住民から539件の感染症例が出ており、感染率は0.065%であるそうだ。COVID-19が原因で、ワクチン接種を終えた2人の居住者が死亡した。

”入院患者のほとんどすべてがワクチン接種をしていない。また、ワクチン接種をしていても入院されている方は、年配であるか免疫力が比較的低い方達である。”と内科のトニ・ブレイヤー博士は説明した。しかし、病院はCOVIDに感染したワクチン未接種の人々でいっぱいであるのは事実だそう。

大切な人を失う前にワクチン接種をしてほしいと当局は呼びかけている。

詳細はこちら↓
Khon2(英語)

 

③観光客がハワイの自然に及ぼす悲惨な影響

 

数十人のノースショアの住民と地域活動家が日曜日にラニアケアビーチで集会に参加し、観光客による嫌がらせに抗議した。

ホヌハラスメントは本当にひどくなる一方で、200人か300人の人々がビーチに集まっていてカメに触れていたそうだ。

抗議者たちは、カメに嫌がらせをしている観光客のソーシャルメディアへの投稿は、観光公害のより広範な問題の兆候であると述べた。

州は絶滅危惧種の野生動物に嫌がらせをする訪問者に厳しいことを言って聞かせたが、彼らの行動にあまり変化は見られないようで、居住者もDLNR(Department of Land and Natural Resources)に電話し、写真を撮り、警察に電話したが対処をしようとする行動すらも見られなかったそう。しかし、DLNRは先月、ビーチのパトロールを強化したと述べている。

ブレイクマケレニーは、市がラニアケアでのツアーバスを禁止すれば、嫌がらせは減るだろうと語った。

デモ参加者は観光客にチラシを配り、ハワイの生態系を守るための誓約書に署名するよう促した。

詳細はこちら↓
Hawaii News Now(英語)

 

・8月4日(水)

①ハワイ州コロナ症例過去最高

先日8月1日(日)、ハワイが452件の新たなコロナウイルス感染を報告。
報告された症例:

  • オアフ島 276件
  • ハワイ島 99件
  • カウアイ島 6件
  • マウイ島 66件
  • 州外 5件

陽性率は現在5.7%である。

8/1(日)追加の死亡者は報告されていなく、過去14日間で、3,298件の新たな感染があった。2日連続で、合計400件代の症例が発生した。これは、パンデミックの開始以来初めての現象。ジョシュグリーン中尉は、症例が増え続けるならば、市長と知事はCOVID制限を復活させるかもしれない。現実流行しているデルタにより今後も多くの人々がCOVIDに感染し、入院する人々が増えるだろうとジョシュグリーン中尉は述べている。

一晩で、COVID入院がウイルスに感染した6人から12人の患者に倍増。ヒロメディカルセンターによると、COVID患者は全員ワクチン未接種、これまでのところICUにいる患者はいないとのこと。

さらに今週より公立学校が対面授業に戻るので、副知事は、ワクチンを接種する資格のない12歳未満の幼児がウイルスに感染し、ワクチン接種を終えていない家族に持ち帰ることがあるのではないかと懸念していると述べた。

詳細はこちら↓
Hawaii News Now

②労働者に対するワクチンの義務化を発表

島々でCOVIDが急増する中、ハワイ最大の医療施設とグループが8/2(月)に共同で従業員にワクチンの義務を制定する計画を発表した。

次の場所で実施される。

  • ハワイパシフィックヘルス、カピオラニメディカルセンターフォーチルドレンを含む
  • クイーンズメディカルセンターを含むクイーンズヘルスシステム
  • アドベンティストヘルスキャッスル
  • モアナルア医療センターを含むカイザーパーマネンテ

当局は、この義務は9/30または10/1に発効し、ワクチン未接種の従業員にワクチン接種をする時間を与えると述べた。また、この義務は期間限定であり詳細は未定である。

この発表は、伝染性の高いデルタ変異体が症例数を押し上げ続けているため、全国的にますます多くの大企業や政府機関がワクチンの義務化を発表していることから始まる。ハワイでは、毎日の新しい症例数が記録に達し、入院率が高まっている。

詳細はこちら↓
Hawaii News Now

 

③コロナウイルスの更なる流行に医療制度に緊張が走る

デルタの急速な流行により、ここ数週間でハワイでの入院した患者数が増加し、ハワイの全体的な医療システムへの影響についての懸念が高まっている。現在、州全体で約150人のCOVID患者が入院している。

ワクチン未接種のハワイ在住者が感染することにより、患者数は今後数週間で約200人に増える可能性があるそうだ。

クイーンズヘルスシステムのCEOであるジルホガードグリーン博士は、オアフ島のヘルスケア幹部は、患者の増加に備える方がよいと述べた。そして、今日コロナウイルスに感染している人々のほとんどは、比較的早く回復するワクチン未接種の若い世代の人たちだと続けた。

そして、「完全なロックダウン状態に戻る可能性は非常に低い」と、ハワイパシフィックヘルスのCEOであるレイバラは述べている。しかし、マウイ島とハワイ島の市長は、病院がまもなく満床になるのではないかと心配している。

そして8/3(火)に公立学校が対面式の授業に戻るので、ハワイ郡のミッチ・ロス市長とマウイ島のマイク・ビクトリーノ市長の両方が遅らせることを求めた。だが、デービッド・イゲ知事はその要請を拒否した。

ハワイ郡のミッチ・ロス市長は「パンデミックが発生する前のハワイ島は既に医師不足で、現在、医師不足はさらに深刻化している。ハワイ島には25または24のICU(集中治療室)ベッドがあるがほぼ完全に使用されている状態だ。」と述べている。

 

詳細はこちら↓
Hawaii News Now

 

・7月28日(水)

①ハワイの観光業の現状

ハワイ州観光局によると、メインランドからのハワイへの訪問者数はパンデミック前の2019年の訪問者数を超えると報告しており、ハワイには米国外からの観光客がいなくても、多くの人が訪れている。

この先週末(7/24~25)、1日に約30,000人がハワイに到着した。これは現在、アメリカ国民で国外へ旅行する人がほとんどいないため、航空会社が代わりにハワイへリダイレクトしているためである。

このハワイ需要がこの秋には収まると予想しているが、HTA(Hawaii Tourism Authority)はホテル、レストラン、州の運輸機関、州の保健局、およびその他と協力して訪問者を管理する必要があると述べている。

現在、ホテルは約80%の容量で運営されており、観光のホットスポットにあるレストランも非常に忙しく喜ばしいことだが、忙し過ぎで人手が足りず厳しい状態が続いている。「ワイキキのほとんどのレストランでは、毎晩1時間、2時間の待ち時間がある。人を雇いたいがそれも厳しい」と、スカイワイキキの社長兼最高経営責任者であるHide Sakurai さんが述べている。

詳細はこちら↓
Hawaii News Now

②ハワイでの自粛要請再び?

最近のCOVIDの感染症例の急増にもかかわらず、ホノルル市長のリック・ブランジャルディ氏は、オアフ島での事業や集会に対する制限を強化する計画はないと述べている。

一方で州保健局は7/22(木)に、オアフ島で146件の新規症例と州全体で243件の新規感染を報告しており、もしこの傾向が続く場合、いくつかの制限を復活させるしかないかもしれないと、ハワイヘルスケア協会の最高経営責任者(CEO)であるヒルトンレーセル氏は述べた。

しかし、州保健局のジャネット・ベレマン博士は、「誰も、昨年の1年半前にあったコロナの自粛生活に戻りたくない。6か月または8か月前とは異なり、私たちにはワクチンというツールがある。コロナによる生活の制限の施行を防ぐのに強力なツールはワクチン接種である。」と、より多くの人々がコロナのワクチンを受ければ、制限が戻る可能性は低くなることを主張している。

現在、オアフ島の人口の約61%が完全にワクチン接種されている。

詳細はこちら↓
Hawaii News Now

 

③アヒの価格が上昇

高い需要により現在アヒの価格が上昇しており、1ポンド(約454グラム)に対しほぼ2倍の額を支払うこともあり得るという。これは、昨年のパンデミックの開始時に魚市場が経験した逆の問題である。当時は新鮮な漁獲物に対して十分な購入者がいなかったが、今、買い手が多すぎて魚が足りてない。


タマシロマーケットのバイスプレジデントであるタマシロさんは、現在のこの価格高騰でアヒがそれほど売れないため、購入する魚の数を減らしているとのこと。

ユナイテッドフィッシングエージェンシーのオークションマネージャーであるマイケルさんは、価格を押し上げているのは、リゾート、レストラン、旅行者からの魚の需要であると述べた。それに加えて、最近は漁船が漁獲量を減らしているそうだ。

Nico’s Pier 38のオーナーであるニコチャイズさんは「メニューのアヒをサーモンと交換した。今のところ、サーモンはアヒより安い。」と語っている。さらに「魚が手に入らないわけではないが、値段が高す​​ぎてディスプレイにのせても意味がない。1ポンド(約454グラム)あたり50ドル~60ドルで魚を買う人は誰もいないだろう」と続けた。

詳細はこちら↓
Khon2

 

・7月21日(水)

①ハワイアンモンクシールに接触する人々が続出

ビーチにて、数人がハワイアンモンクシールに接触している様子の動画をSNSに投稿し、話題になっている。動画は何千回も表示および共有されている。TikTokに最初に投稿された動画では、カウアイ島を訪れた女性が、ハワイアンモンクシールに近づき、接触した直後にハワイアンモンクシールに吠えられ逃げる様子が映っている。

これらの動画は、ハワイ在住者の間で怒りを買い、一部の人々はハワイの自然と野生生物を尊重するということについて、観光客に教育するよう州に促したそう。

ハワイアンモンクシールは連邦絶滅危惧種法と海洋哺乳類保護法の下で保護されており、触れたり、嫌がらせをしたり、怪我をさせたり、殺したりすることは違法。現在生存しているモンクシールは約1,400頭しかないため、保護することが重要。

ちなみに触るなどした場合は多額の罰金が科せられ、最高5年の懲役が科せられる可能性がある。

モンクシールからは50フィート、赤ちゃんモンクシールと一緒にいる親のモンクシールからは50フィート離れるように一般市民に求めている。

詳細はこちら↓
Hawaii News Now

②ハワイ州COVID感染者増加

ハワイは7/18(日)に164件の新しいCOVIDの感染を報告したが、死亡者はなしとのこと。州では4日連続で新規のCOVID感染者が3桁を記録している。

新たな感染者数のうち、大多数はオアフ島で発生で104件だった。ハワイ島で18件、マウイ島で12件、カウアイ島で6件。24人が州外からの訪問者であった。

一方、州はハワイの人口の59.1%が完全にワクチン接種しており、65%が少なくとも1回の接種を受けていると報告している。

詳細はこちら↓
Hawaii News Now

 

③ハワイの安全と快適さを守り続けるアロハアンバサダー

多くの観光客がハワイに戻ってきている現在、ワイキキでは公共の安全に目を光らせている組織「アロハアンバサダー」。彼らは、パンデミックの間も仕事をし、ハワイ居住者と訪問者の健康と安全を守っている。

市とワイキキビジネス改善地区から契約されている彼らは、現在40人以上が在籍しており、掃除をする人、通行人に挨拶する人、自転車でパトロールする人など役割分担されている。

2020年7月のワイキキの街路はほとんど空だったが、訪問者はだんだん戻ってきていて、現在では歩道で自転車に乗ったり、横断歩道の信号を守らない人々に注意を促すのが日常茶飯事だそう。

ホノルル警察は、こういった彼らのパトロールのおかげでワイキキでの犯罪傾向が低くなっていると報告している。2021年の1月から5月に報告された強盗は60件のみだったが、観光業も好調だった2019年には104件もあった。

それだけではなく、車上荒らしも減少。2020年の152件と比較すると2021年には118件だった。また全体的な逮捕もはるかに少なくなっているとのこと。

詳細はこちら↓
Khon2

 

④ハワイでのコロナウイルス感染により救急搬送が相次ぐ

ハワイのCOVIDによる様々な制限が解除されたことで、ホノルルEMSは、パンデミック以前よりも多くの911コールに対応している様子。

今年の夏の初めはCOVID患者からの救急搬送は非常に少なかったが、現在はCOVIDの検査で陽性となった人を搬送することは日常茶飯事になりつつあるとのこと。オアフ島では、COVIDで入院した人の数は先月2倍になったそうだ。

ホノルルのEMSディレクターであるジム・アイルランドは、「病院に入院するほとんどすべての人はワクチン接種を受けていない。彼らは息切れをしている状態で病院にやってくる。結果彼らは現在人工呼吸器をつけている。」と述べている。

また制限が解除されたことで、アメリカ本土からの観光客も増加、それによりCOVID以外での911コールを必要とする部面も増えてきたため、乗組員は常に必要とされている状態であるそうだ。

数値で表すと今年6月、EMSは8,023件の911コールを受け取っている。これは、大規模なCOVIDのよる規制が実施されていた昨年の2020年6月よりも約1,500件も多い。また、一昨年の2019年6月の数を200以上上回っている。そのため、EMSの関係者は、今まで以上にワクチン接種を受ける時期だと述べている。

詳細はこちら↓
Hawaii News Now

 

・7月14日(水)

①オアフ島ティア5に

ホノルル市長は7月8日木曜日に、ホノルル市のCOVID-19回復フレームワークのTier5を実装することに署名した。これにより、集まることのできるグループの人数は、屋内で25人、屋外で75人に増えた。 

ティア5により、顧客のワクチン接種の証明書または48時間以内に受け取ったCOVID-19検査の陰性証明がある場合、レストラン内での6フィートのソーシャルディスタンスが免除される。これらの証明書がない場合、レストランは6フィートのルールとレストラン75%のみの稼働のルールに従う必要がある。この指示は、別の指示または法律の運用によって終了または置き換えられない限り、9月5日まで有効である。

顧客の連絡先情報は、選択したオプションに関係なくすべてのレストランとバーで引き続き収集される。
ちなみにマスクはすべての従業員に引き続き必要であり、顧客は飲食する場合を除いて常にそれらを着用する必要がある。

詳細はこちら↓
Khon2

②ハワイのライフガードの現状

オアフ島は、911の呼び出しと救助の増加により、ライフガードの労働時間を延長し始めた。関係者によると、彼らのシフトが終了した後、100件以上の911通報を受信したとのこと。ライフガードらは、午前7時から午後7時まで稼働する。これには、ジェットスキーと陸上ユニットが含まれる。ライフガードタワーは午前9時から午後5時30分まで稼働する。

プログラムの開始には100万ドルの費用がかかり、市は追加の資金を提供した。事故現場は主に、スピッティングケーブ、モクルア島、チャイナウォールなどの場所や、サンディビーチやマカプウなどのホットスポットであるそうだ。

ますます多くの訪問者が到着している事で、救助活動が増加している。

このプログラムが人々の命を救うことを望んでいる。

詳細はこちら↓
Hawaii News Now

 

③変異種がハワイに広がる

国務省からの新しいレポートは、COVID-19の非常に伝染性の高いデルタ変異体がハワイで広がってきているとのこと。

7/12(月)に発表されたレポートによると、これまでにハワイ州全体で57件のデルタ変異種が検出されている。6/23のレポートから1か月も経たないうちに、症例が53件も増加した。

保健当局は、より伝染性が高く、おそらく抗体に対してより耐性があると考えられているデルタ変異種だけでなく他の突然変異種についても懸念していると述べた。ハワイではデルタ変異種ではない他の突然変異種の感染が10件も発生している。

カウアイ郡の地区保健官のジャネット・ベレマンは、ワクチン接種はデルタ変異種に対して非常に効果的であることを強調した。

7/12(月)の時点で、ハワイの住民の約58.6%が完全にワクチン接種されている。

詳細はこちら↓
Hawaii News Now

 

④ハワイ、ワクチンパスポートスタート

7/8(木)に施行された規則では、アメリカ本土からの訪問者は、米国でワクチン接種を完了している限り、検疫とPCR検査を免除される。

実際に、この規則を利用しアメリカ本土から旅行にきた方は、「アプリをダウンロードする必要があったので、とても緊張した。混乱した。」「ワクチンカードをネット上にアップロードしたとき、”受付完了”や”承認された”、などの表示が何もなかったので、心配した。」と語った。

アラスカ航空は離陸する前に、乗客のワクチン接種書類を事前にチェックしたそうだ。そして、到着前に書類の準備が完了したそう。

また、多くの旅行者は到着後に書類をスクリーニングしなければならなかったが、手続きのプロセスは悪くなかったそうだ。

詳細はこちら↓
Hawaii News Now

 

・7月7日(水)

①本土でワクチン接種を受けた旅行者の旅行前テスト要件はまもなく撤廃

州は今週木曜日に新しい基準に達する予定であり、本土でワクチン接種された人々がテストや検疫なしでハワイへ渡航ができるようになる。

ハワイは本土からの観光客が殺到していることを認識しており、州の安全な旅行プログラムの最新の段階。

本土で予防接種を受けた人は、プログラムの承認された形式の文書として、予防接種カードの写真を州の安全旅行のWebサイトにアップロードできるようになる。

現在の規則では、本土でワクチン接種を受けた乗客でも、到着から72時間以内に陰性のCOVID検査が必要。島間旅行およびハワイでワクチン接種を受けた旅行者については、すでに事前テストの要件は撤廃されている。

州知事は先月、州の人口の少なくとも60%が7月上旬までにワクチン接種を受けることを期待していると変更を発表した。これまでのところ、58.3%の人が完全にワクチン接種されており、62.7%は少なくとも1回の接種を受けている。

すべての制限を撤廃し、パンデミック前の生活に戻るための次の基準は、70%のワクチン接種率です。

「70%まで達成するには、まだ25万ショット必要です。ホノルルスターアドバタイザーズのスポットライトハワイで、ハワイ州副知事のジョシュグリーンは、私たちが行ってきた速度で、1日あたり約3,000ショット、それでも2か月以上かかる可能性があります。」

州の現在の緊急宣言は8月6日に失効する予定。

詳細はこちら↓

Hawaii News Now(英語)

 

②ダイヤモンドヘッドに訪れる観光客急増により混雑が問題に

ダイアモンドヘッド州立記念碑のふもとは、ハワイで最も人気のある代表的な俳句トレイルに登ることを楽しみにしている観光客の長い列ができており、最近のディズニーランドに少し似ている。

トレイルの上層部にいくと道は混雑しほこりっぽくソーシャルディスタンスも十分に撮れない状態になっている。

トレイルの管理者によると観光客が頂上にある立ち入り禁止サインがある

建物の上に立ち写真をとっており注意せざるおえない状況が続いているとのころ。

この状態は、観光客がハワイの人々から避難されざるおえない状況を作り出している。

州が提供したデータによると、7月4日の休日の週末に10万人以上がハワイに飛んだ。州は現在、観光客急増に対するすべての安全を管理する方法を見つけようとしている。

ダイヤモンドヘッドトレイルでは、訪問者が51,327人だった2019年5月、および58,925人だった2018年5月と比較して5月、ダイヤモンドヘッドには70,029人の訪問者があった。土地局は、おそらく12月に、カウアイ島とマウイ島のハエナ州立公園とワイアナパナパ州立公園ですでに実施されているものと同様の予約システムを計画しているとのこと。州が非地元住民の料金を再び引き上げることも考えているとのこと。これは最近、ハイキングトレイルに料金で1ドルから5ドルに、非営利駐車場で最大10ドルに値上げした。これにより、パンデミックで観光客不足とDLNRの予算不足だった分を回復させられる。しかし、DLNRが予算を減らしたため、次回の会議で協力を求め世界的に有名な記念碑の安全を維持したいとのこと。しばらくの間は、有名観光スポットの混雑は続くと見られ即時の解決策はないままだ。

詳細はこちら↓

Hawaii News Now(英語)

 

③ワイキキ水族館営業再開

ワイキキ水族館は7月1日(木曜日)から営業再開を果たした。コロナウイルスの影響により、2020年8月19日より、無期限で閉鎖されていた。

観光客やローカルの来館者は、魚や他の海の生き物を垣間見ることを心待ちにしていた。またホノルル水族館には、新しいオンライン予約システムが導入されており、水族館の関係者によると、1日中予約が殺到していたようだ。

訪問者は来館前にオンラインでチケットを購入することをお勧めしているが、水族館はこれからウォークインにも対応しようと準備を勧めているようだ。ワイキキ水族館は毎日午前9時から午後4時30分まで営業している。

詳細はこちら↓

Hawaii News Now(英語)

 

④韓国航空会社のアシアナ航空は、韓国の秋夕(今年は9月21日)の連休に合わせてハワイ線の不定期便(チャーター便)を運航すると発表した。 連休前の9月17日と秋夕当日の同月21日に仁川―ハワイ線の航空便を運航する予定。9月21日と25日にはホノルル空港を出発し、仁川空港に到着する便を運航する予定。 航空便の予約はインターパークツアーやロッテ観光など、旅行会社9社のホームページで受け付ける。 ハワイ州は現在観光客の事前検査プログラムを実施しており、新型コロナウイルスワクチンの接種有無にかかわらず、指定された海外の病院で検査を受けて陰性と診断されれば10日間の隔離義務が免除される。検査は航空機の出発前72時間以内に受ける必要があり、出国前24時間以内にハワイ州のオンラインシステムに情報を登録しなければならない。 アシアナ航空は、韓国が初めてトラベルバブル(新型コロナを抑制している国・地域同士が隔離なしで自由往来できるようにする制度)協定を締結したサイパンへの運航も今月24日から再開する予定。週1往復の定期便を運航し、韓国内でワクチンの接種を終えた団体旅行客は隔離なしで旅行することができる。

詳細はこちら↓

Yahoo!ニュース

 

 

・6 月30日(水)

①ハワイ州全体のコロナ感染数(6月28日(月)現在)

ハワイ州全体で22件、死者は0名、516名のまま変動はなし。新しい症例の内訳:オアフ島13件、ハワイ島2件、マウイ島2件。また、州外からの5人の方が陽性だった。

現在、ハワイ州は人口の57.6%が完全にワクチン接種されており63%が少なくとも1回の接種を受けている。

詳細はこちら↓

Hawaii News Now(英語)

 

②ハナウマベイ入場料2021年7月1日より引き上げへ

ハナウマベイ自然保護区での天然資源管理を改善するための継続的な取り組みにより、ホノルル市と郡は、2021年7月1日より地元以外の訪問者のハナウマベイへの入場料を25ドルに引き上げる方針。

今年から始まったオンライン予約システムと料金の値上げの措置は、自然保護区の教育と保護をサポートするためのもの。入場料などのすべての収入は、ハナウマベイの維持、教育、研究に直接使われる予定。

ホノルル市議会議長は「パンデミック中にハナウマベイが閉鎖されたとき、ハナウマベイの自然がだんだんと復活してきた。これを好機ととらえ、今後も人間からの影響を最小限に抑えつつ、湾とその施設を維持するのに十分な資源を確保しながら、美しい自然を維持したいと考えている」と述べている。

しかし駐車料金は同じままで、地元の人は1台あたり1ドル、地元の人以外は1台あたり3ドル、認可されている自動車会社は別の料金体系。ハナウマベイへの入場は、居住地や現役軍人に関係なく、地元住民(有効な身分証明書を持っている方)、12歳以下の子供は無料だ。

詳細はこちら↓

Khon2(英語)

 

③マウイ島、接客サービスを実施する人員が不足

マウイ島は、突然の大規模な観光客の訪問により、ホスピタリティ関連のビジネスでの、接客サービスの業務にスタッフの数が足りていないとマウイ島市長であるビクトリーノ市長が言及。

訪問者は歓迎しているものの、島への渡航者数を少し緩和するよう航空会社へ求めている。

しかし航空業界の専門家であるピーター・フォーマン氏は、市長は航空会社に乗客定員を減らすよう命じる権限はないと述べ、意見が対立。ピーター氏は今回の要求は市場を混乱させることにつながり、人為的に供給を制限すると航空券の価格が上がるからと述べている。

(訪問客の制限をすると長距離飛行だけでなく、ホノルルとマウイ島の間の短距離飛行も数百ドル増加する可能性があるそう)

詳細はこちら↓

Hawaii News Now(英語)

 

・6月23日(水)

①ハワイが予防接種の取り組みを進めるにつれて、COVIDの制限を緩和する意向

以前、Igeは、ハワイのすべてのCOVID制限は、州が70%に達すると基本的に終了、夏の終わりまでにそのベンチマークに達すると確信していると述べましたが、70%に達する前に症例数が現時点より下がってくれば、制限の解除する可能性も述べている。制限の解除とは、屋内マスクの義務、旅行の制限、または容量の制限がないことを意味する。)

現時点ですでにいくつかの主要な観光地を含め、米国本土の多くが完全に再開したことや、ハワイの企業が知事に規則の再検討を求めていることから、Igeさんが制限の解除をいつにするか、規則を再考し始めている。

州保健局の統計によると、現在、人口の56%が予防接種を受けていますが、またワクチンの接種が再び落ち込んでいる、とのこと。

詳細はこちら↓

Hawaii News Now(英語)

 

②オアフ島のコロナ症例数について

ハワイ州は6/21現在でコロナ症例はわずか14件。追加の死亡者はなし。島全体でのウイルスによる死者数は513人。

一方、州は、最後のチェックで1,651,129回のワクチン投与を行ったとのこと。全居住者の約57%が完全にワクチン接種されており、62%が少なくとも1回の接種を受けている。

詳細はこちら↓

Hawaii News Now(英語)

 

ハワイ州への環境客増加、ホテル業界は

ハワイへ来ている観光客の数は、ゆっくりと増加を続けている。5月のハワイ観光局によると、ホテルの占有率はパンデミック前の2019年5月よりもわずか17.5%。

1部屋あたりの1日の平均レートは2019年よりも13%近く高かった。

旅行や観光が過熱するにつれて空室状況が減少する一方で、ホテルの全体的な価格は上昇しているものの、HTAによると、価格の上昇は主に近隣の島々のホテルで、オアフ島のホテルは2019年と比較して1日あたりの料金が16%低下しているとのこと。

詳細はこちら↓

Khon2(英語)

 

④Tier4へ移行し、ゴルフコースの運営規則を見直し

イゲ知事は、6月21日月曜日に、アラワイ、パリ、テッドマカレナ、エワビレッジ、ウェストロック、カフクの各市営ゴルフコースの運営に関して、規則の一部変更を承認。

 

実装される次の変更:

  • ティータイムの予約は通常の操作間隔に。
  • ショットガントーナメントでは、最大216人のゴルファーが参加可能。
  • 旗はカップから取り除かれ、通常のカップに置き換えられる。
  • バンカーレーキ(砂を綺麗にするもの)は、ゴルファーが使用できるように都度交換される。
  • ゴルフボールウォッシャーは、使用できるように。

ただし、次の規則は現状維持。

  • マスクは常に屋内で着用する必要あり。
  • ゴルフグループは、グループ内で6人がMAX。
  • グループの集まりは25人を超えてはならない。

詳細はこちら↓

Khon2(英語)

 

・6月16日(水)

①ハワイが予防接種の取り組みを進めるにつれて、旅行制限が緩和

ハワイがCOVID-19ワクチン接種の進歩を続けているため、今週、新しい旅行規則が施行される。火曜日から、島間を旅行する人は、旅行前のCOVID検査を受ける必要がなくなります。検疫ルールも完全に削除されている。以前は、オアフ島から近隣の島に旅行する人々、および近隣の島々の間を旅行する人々は、COVID-19の検査で陰性であるか、予防接種の証拠を提示する必要がある。火曜日の太平洋横断旅行のルールも変更されている。ハワイで予防接種を受けた人は、COVID検査を受けなくても10日間の検疫をやめることができる。ただし、他の場所で予防接種を受けた人は、ハワイに飛ぶ前に検査を受ける必要がある。そうでない場合は、10日間隔離する必要がある。予防接種のステータスを証明するには、ワクチンカードのコピーをSafeTravelsのWebサイトにアップロードする必要がある。デービッド・イゲ知事がハワイは55%の予防接種率に達する準備ができており、症例総数は州全体で比較的遅いと述べた後、変更が行われた。日曜日の時点で、ハワイの全住民の55%が完全に予防接種を受けている。州が70%の予防接種率に達すると、すべての旅行制限が解除される。

詳細はこちら↓

Hawaii News Now(英語)

 

②オアフ島は制限の少ないTier4に移行し、企業は顧客に予防接種の証明を求める必要がある

デービッド・イゲ知事がホノルル市長のリック・ブランジャルディの要求を承認した後、オアフ島は回復フレームワークのティア4に入りましたが、いくつかの変更が加えられている。このシフトにより、制限が少なくなり、ビジネスの柔軟性が高まる。この拡張により、外部で最大25人、内部で最大10人の懇親会が可能になる。6月11日金曜日の記者会見で、市長は、予防接種は、ティアシステムを完全に終わらせることを期待して制限を緩和するための鍵であると述べた。プロモーターによると、ワイキキシェルやブライスデルコンサートホールなどの会場では、地元のアーティストによるコンサートが間もなく開催される可能性がある。ワクチン接種を受けた人と検査を受ける必要のある人のために別々の入り口を設け、別々の場所に座らせる計画。テストは遅れにつながるので、圧倒的多数が予防接種を受けることを望んでいる。市によれば、ワクチン接種を受けていなければ、過去48時間以内にCOVID検査が陰性であることを証明することもできる。しかし、感情はナイトクラブとカラオケバーで同じ。「それはとても新しいので、それを計画するようにしてください。しかし、今のところ、完全にワクチン接種されたものは簡単に実施できると思います」と、エアーパークカラオケのオーナーであるカイリーリンは述べている。企業やイベントプロモーターは、Tier4への移行は勇気づけられると述べています。彼らは、ハワイはまだ大きな会場での有名なコンサートから数ヶ月離れていると言う。課題は、入るまでの長い待ち時間を回避すること。

詳細はこちら↓

Khon2(英語)

 

③ハワイで検出されたCOVID-19の変異体「デルタバリアント」

ハワイの保健当局は月曜日に島に最新のCOVID変異体が存在することを報告した。DOHは、州立研究所部門が実施した定期的なゲノム配列サーベイランスにより、オアフ島の個人でSARS-CoV-2バリアントB.1.617.2(デルタバリアントとも呼ばれる)が発見されたと述べた。当局は、5月初旬にネバダ州に旅行する前に、その人がCOVID-19に対して完全にワクチン接種されていたと言った。その頃、その州で変異が報告されていた。その人がCOVID検査で陰性でハワイに戻ったとき、DOHはその人が軽度の症状を経験し始め、後に陽性であると検査したと言う。その人は彼らの密接な接触と共に検疫に入れられた。当局は、家庭での感染が発生した兆候はない、または二次的な症例が報告されたと述べた。インドで最初に報告されたデルタ変異体は、現在、米国の全症例の約6%を占めていると保健当局は述べた。「初期の証拠は、デルタ変異体が他のSARS-CoV-2株よりも早く広がる可能性があることを示唆しています」と州研究所部門の管理者エドワード・デズモンドは述べている。「デルタバリアントは元のCOVID-19よりも重症の病気の発生率が高いという報告がありますが、その結論を裏付ける十分な証拠はまだありません。」この変種はCDCにとって懸念事項であり、DOHは他の州と協力してそれについてさらに学んでいます。予防接種は感染を防ぐのに100%効果的ではありませんが、当局は依然として一般市民にその線量を受け取るように勧めている。

詳細はこちら↓

Hawaii News Now(英語)

 

・6月9日(水)

①マノアフォールズトレイルが二年間の閉鎖を経て再開

安全修理のためほぼ2年間閉鎖されていた人気のハイキングスポットが再開しましたが、誰もが変更に満足しているわけではない。何百人もの訪問者と住民がナショナル トレイル デーを過ごした土曜日、マノア フォールズ トレイルの再開日は忙しい一日だった。しかし、州の乗組員がハイキングに行った安全性の変更については複雑な感情があった。「自然が多く、挑戦が多く、実際にはより多くの水があったので、前のマノアトレイルが恋しいです」とエワビーチのジェネバ・ニナンは言いました。「そして、砂利はハイキングを少し簡単にします。」砂利は現在、歩道の床の多くの部分を覆っています。これは、双方向の交通のためにも広くなっている。ハイキングの挑戦を見逃す人もいますが、安全性の変更に感謝する人もいる。「砂利道がなく、毎日雨が降る可能性がある水がなければ、これは非常に挑戦的で、滑りやすく、上り下りする可能性があります」と、サンフランシスコから訪れたアヌリグ・ゴエルは語った。パンデミックの前は、何百人もの人々がマノアの滝のトレイルをハイキングしていた。「島のすべての場所でこれらすべてのスポットが似ているわけではないので、すべての緑にただ感銘を受けました。今まで見たことのないものを見ることができてクールでした」とヌウアヌのカイラ・マヘルは言った。その他の安全性の改善には、侵食と水の流出抑制対策に加えて、新しい段差、トレイルサイドの植栽が含まれる。ハイキングは以前のハイキングとは異なるかもしれませんが、訪問者はトレイルに出掛けることができて幸運だと感じ、住民はそれがついに再開されるのを見て興奮した。「ニューオーリンズにはこのようなものがないので、私たちは本当に恵まれていると感じています」と、訪問者のタラ・ディパスカルは言った。マノアの Dana Cassino-Stamey 氏は、「私たちはそれとその美しさを体験できるので、とても興奮している。それは本当に素晴らしいことですが、それによって群衆が近所に戻ってくることも知っています」とマノアのダナ・カッシーノ=スタメイは言った。「不便かもしれませんが、誰もがその美しさを共有したいと思っているので、私たちもそのことを理解している。トレイルは日の出から日没まで開いていますが、午後 5 時 30 分以降はハイキングを開始しないことを強くお勧めしている。

詳細はこちら↓

Hawaii News Now(英語)

 

COVID-19検査で陰性を示し、宿泊場所を示さなかったとして、訪問者がマウイ島で逮捕

マウイ島警察が、彼女が旅行前の陰性検査を受けていなかったり、彼女が10日間隔離をする宿泊施設を予約していなかったため、49歳の女性がハワイのCOVID-19旅行規則に違反した疑いで逮捕された。ロサンゼルスから到着した女性は、ワイルク警察署に移送された。マウイ警察は、彼女が自発的にマウイを離れて本土に戻ることを申し出たと言う。

詳細はこちら↓

Khon2(英語)

③ 州は、予防接種を奨励することを目的とした賞品贈呈プログラムで印象的な反応を見ている

人々に COVID-19 ワクチンの接種を促すことを目的とした新しいプログラムに、何千人ものハワイ住民がすでに反応している。金曜日、デービッド・イゲ知事は、州の進行中の予防接種の取り組みの一部として役立つ2つの主要な取り組みを発表した。イニシアチブの 1 つは、ハワイが現在受けている旅行制限の緩和に関するもの。6 月 15 日、予防接種を受けたハワイの居住者は、COVID-19 の陰性結果を示さなくても本土から帰国できるようになる。もう 1 つのインセンティブは、1 か月間のプレゼントで賞品と割引提供することに重点を置いていました。 賞品には、Hawaiian Airlines の HawaiianMiles、2 名分のラスベガス旅行、1 年間の無料の Zippys などがある。

詳細はこちら↓

Khon2(英語)

専門家は、ハワイがこの夏に完全に再開すると予想

専門家は、経済の急速な改善が新たな課題をもたらしていると述べています。ハワイの労働力は、積み上げられた需要に対応できるのか?ハワイ大学経済研究機構の責任者は、これはタイミングの問題だと言った。「では、レンタカーが足りないということはありませんか?労働者不足に対応できるか?保育が足りないとか、そういうことに対処できますか?」UHERO のエグゼクティブ ディレクターである Carl Bonham は次のように述べている。Bonham氏は、予防接種が引き続き展開されるため、州は7月末までに完全に再開すると予想している。知事は、ハワイの70%が完全に予防接種を受けたら、すべてのCOVID制限を解除する予定。現在、州は 53% 。ボナム氏は、昨年の景気刺激策、PPP ローン、失業手当を含む連邦政府の支援のおかげで、ハワイでは収入が落ち込むことはなかったと述べた。「この種の回復がなければ、それは起こりませんでした」と Bonham は言った。「経済の回復は、連邦政府の刺激策の支払いの終了を相殺するのに十分な速さである必要がある。その資金が底をつき、経済が動いている速度で、企業は完全な再開日を心配して待っている。ハワイレストラン協会のシェリル・マツオカ事務局長は次のように述べている。ハワイ商工会議所のシェリー・メノール・マクナマラ最高経営責任者(CEO)兼社長は次のように付け加えた。東京レストランの田中宏社長は、多くのレストランと同様に、すべての部門でポジションを埋めるのに苦労していると語った。ラマンスキー氏は、可能な限り多くの従業員を雇用しようとしたが、これまでのところ、従業員数は新型コロナウイルス感染症以前の約半分に過ぎないと語った。「そうですね、スタッフが不足しているからです」とラマンスキーは言いった。「レストランを予約しすぎて、お客様がテーブルに着くか、シェフが出てくるまで長時間待たされるリスクを冒したくはありません。」レストランは、他の産業に影響を与えている生産不足から同じ負担を感じており、ハワイが70%に達する前に彼らが追いつくかどうかはわからない。「そのうちの 1 つが利用できない場合もあります。私たちは、土壇場でそれを提供できる別のサプライヤまたは別のサプライヤを見つけるために、スクランブルをかけなければなりませんでした」と Lamansky 氏は述べています。「そして、それはかなりの挑戦でした。」ボナム氏は、最終的には、ハワイのワクチン接種率が70%に達した日に、観光の水門が開かれるように準備することになると述べた。「私たちは進歩を遂げる必要があり、対処しようとしている観光客数を管理するための作業を行う必要があります」と Bonham 氏は述べている。ボナム氏は、島への訪問者にとって記録的な夏になるだろうと語った。現在、海外からの訪問者はほとんどいませんが、秋にはカナダへの旅行が開かれるようになると彼は言う。

詳細はこちら↓

Hawaii News Now(英語)

・6月2日(水)

ハワイ住民の半数が COVID-19 の予防接種を受けている。州保健局によるとそう。一方、58%、つまり 816,000 人以上の住民が、少なくとも 1 回のショットを取得した。合計で、約 150 万回のワクチンが島で投与された。ほとんどは、2 回投与のファイザー ワクチンまたはモダーナ ワクチン。ワクチン接種率が上昇するにつれて、COVIDの制限を緩和する動きが高まっている。今週初め、知事は屋外でのマスクの義務化を撤回し、若者の海洋競技会に青信号を与えた。彼はまた、州が住民のための太平洋横断ワクチンパスポートプログラムの開始に近づいていることを示した。また、郡は、ワクチン接種率を組み込むために、階層システムの変更に目を向けている。

詳細はこちら↓

Hawaii News Now(英語)

 

フロリダでのコンサートでワクチン接種者のチケット代は18ドル、ワクチン未接種者は999ドルに

フロリダのコンサート プロモーターは、COVID-19 の予防接種を受けた人に大規模な割引を提供し、一部のファンがそのショットを取得できるようになることを期待している。Leadfoot Promotionsはチケットを販売していて、パンク バンドのティーンエイジ ボトルロケットが出演する次のショーのを、予防接種を受けている人には 18 ドル、ワクチンを接種していない人には 4 枚のチケットを 999.99 ドルで販売している。「ここで何をすべきかを言っているのではありません。私たちはビジネス上の決定を下し、市場に決定を任せています」「誰かが予防接種を受けずに入店したい場合、多くの常連客を怖がらせ、差額を支払う必要があります。」「彼は冗談だと思った」6 月 26 日のコンサートに 18 ドルで参加する人は全員、6 月 12 日までにワクチン接種の証明書を玄関先で提示する必要がある。プロモーターは、すべてのスタッフ、ボランティア、バンドメンバーが予防接種を受けると言っている。Teenage BottlerocketのRay Carlisleは、バンドは最初のプロモーターであるPaul Williamsがチケット販売計画をからかっていると思ったが、すぐにそうではないことに気付いた。「彼はオーディエンスとバンド、そして会場のスタッフの安全を守るために最善を尽くしています」とカーライルは語った.「私たちはこのアイデアに賛成です」。カーライルは、国がCOVID-19のパンデミックから回復するにつれて、人々が安全でない方法でライブコンサートに飛び込むことを懸念していると語った。COVID-19 ワクチンの接種をためらっているファンに向けて、カーライルは次のように言いました。あなた自身、あなたの健康、コミュニティのためにそれをしてください。」彼はまた、バンドのツアーの他のコンサートでは、同じチケットのプロモーションは行わず、参加者の安全を確保するための別の方法を提供すると述べている。フロリダ州知事の Ron DeSantis5 月に、顧客が COVID-19 の予防接種を受けていることを証明する必要がある場合、違反ごとに 5,000 ドルの罰金を科す法案署名した。この法案は、コンサートの数日後の7月1日に発効する。

詳細はこちら↓

Hawaii News Now(英語)

カウアイ島では、体が不自由な方々に向けて移動式ワクチン接種サービスの提供を開始を決定

カウアイ郡保健局は木曜日、家から出られない個人に移動式ワクチン接種サービスを提供すると発表した。保健当局によると、移動式ワクチン接種は6月1日から毎月第1火曜日に提供されるという。地区保健局は、ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンが提供されると述べたが、それらのワクチンのいずれかの最初の投与をすでに受けている個人のために、モデナまたはファイザーのショットを手配することができる。移動式ワクチン接種をリクエストするには、カウアイ郡保健局 (241-3495) に電話。介護者および医療提供者は、在宅療養中の個人に代わって電話をかけることができる。

発信者は、次の情報を提供する準備ができている必要がある。

  • 患者名
  • 電話番号
  • 住所
  • 以前のワクチン投与に関する情報
  • アレルギー歴

詳細はこちら↓

Hawaii News Now(英語)

 

・5月26日(水)

カウアイ島はTier5とTier6を導入

デービッド・イゲ知事は、カウアイ郡のティアガイドラインの拡大要請を承認した。カウアイ島はTier5とTier6を導入しました。どちらもコミュニティの予防接種率に依存している。月曜日の島は、症例数が減少したため、Tier4に戻りました。Tier 5に到達するために、当局はカウアイコミュニティで60%のワクチン接種率に到達するのを待っている。7日間のケース平均も3未満で、陽性テスト率は1%未満である必要がある。Tier 5では、グループのサイズ制限を屋内で25、屋外で75に増やすこともでき、ビジネスとアクティビティの最大容量を75%に増やすことができる。Tier 6では、すべての制限が終了しますが、コミュニティの70%にワクチンを接種する必要がある。イゲは水曜日の初めにデレク・カワカミ市長の要請を承認した。

詳細はこちら↓

Hawaii News Now(英語)

②ハワイはまもなくワクチン接種を受けた旅行者がCOVID-19検査なしで訪問できるようにする計画

ハワイ州知事のデービッド・イゲ氏は、ハワイ州は、7月4日の休暇期間までにワクチン接種を受けた観光客は旅行前のPCR検査を受けずにハワイに渡航することを認める予定であると述べました。イゲ知事は、コロナウイルスの症例数が減少しているため、マスクの義務を減らすべきであるという米国疾病予防管理センター(CDC)の発表によって「不意突かれた」と述べました。ハワイ当局者は、誰が予防接種を受けているかを知ることができないことを懸念しており、地元住民はまだマスク着用の義務を解除するための支持を示していません。イゲ知事は、州が6月中旬までに現在のマスクの義務を解除できることを望んでいるが、コミュニティのより多くが予防接種を受けるまで制限を解除しないと述べた。

詳細はこちら↓

Travel Pulse(英語)

 

③インターナショナルマーケットプレイスでワクチン接種クリニック開始

インターナショナルマーケットプレイスはクイーンズと提携して、次の3金曜日にCOVID-19ワクチン接種クリニックを主催します。12歳以上の居住者は、5月28日、6月4日、6月11日の午後12時から午後5時まで、立体駐車場の3階でワクチンを接種できます。予防接種を受けた人は、レベル4から6までの1時間の無料駐車場も利用できます。 主催者はワクチン接種の際に予約することをお勧めしますが、ウォークインも対象です。写真付き身分証明書と保険証(お持ちの場合)を必ずご持参ください。予防接種は無料で、保険は必要ありません。

詳細はこちら↓

Khon2(英語)

④マスク着用義務緩和へ向け始動

知事は、「正常」に向けた大きな動きについて説明したところ、屋外ではマスクは不要になり、オーシャンスポーツは許可すると述べた。ハワイがより多くの人々に予防接種を受けるように促しより多くのワクチンを手に入れるためのインセンティブプログラムに目を向け、観光業が迅速な回復を続けていることが理由。火曜日の記者会見で、デービッド・イゲ知事は、修正されたマスク規則は直ちに州全体で有効であると述べた。それらは野外活動にのみ適用され、屋内では、マスクがまだ必要です。マウイ市長のマイク・ビクトリーノ氏は記者会見で、「私たちは皆が待ち望んでいた他の正常な段階に移行している」と述べた。また火曜日、Igeは屋外ウォータースポーツの制限が解除されると述べた。この変更は、サーフィン大会、レガッタ、その他のイベントが再び許可されることを意味する。変更は、マスクの着用に関する新しいCDCガイダンスを受けて行われました。今月初め、CDCは、予防接種を受けた人々は、公共交通機関やその他の限られた状況を除いて、屋外または屋内でマスクを着用する必要はないと述べた。そのガイダンスを受けて、デービッド・イゲ知事は、ハワイのマスクマンデートをすぐに緩和しないことを選択し、州はより多くの人々がワクチン接種を受けるまでコースを維持する必要があると述べた。ハワイのマスク義務では、以前は、人から6フィート以内にいる場合、ほとんどの場合、屋内と屋外でマスクを着用する必要があった。一方、ハワイの他のCOVID緊急規則についての議論は、他の多くの州がそれらを完全に取り除き、ビジネスや活動に制限を加えることなく完全に再開するにつれて、熱くなった。太平洋を横断する旅行者のためにワクチンパスポートを発行する方法についても重要な会話があった。1つは島間を旅行する居住者のためにすでに設置されており、COVID-19の検査を受けずに検疫を免除することができる。

詳細はこちら↓

Hawaii News Now(英語)

 

・5月19日(水)

①ワクチンパスポートにより近隣の島への旅行者が急増

ハワイが島間旅行者向けの「ワクチンパスポート」プログラムを開始してからほぼ1週間が経過した。これにより、完全に予防接種を受けた人々は検査や検疫をスキップできる。州のCOVID-19ウェブサイトのデータによると、これまでに9,400人以上がこの免除を利用。旅行の専門家は、居住者はテスト要件をスキップできるため、近隣の島々の経済を助ける可能性が高いと述べてた。「今ではテストする必要がないので、今までCOVIDのテストにかかっていた分の300ドルをレストランやお店で使ってもらえる可能性があります」と旅行業界の経営学を専攻していた教授のジェリーアグルサは言う。旅行も先週、前の週から増加。5月3日の週、空港当局は179,000人の太平洋横断および島間旅行者をスクリーニングした。州のデータによると、先週、204,000人以上がスクリーニングされた。航空会社もその増大する需要に適応。サウスウエスト航空は、ハワイのサービスを2倍にし、ロサンゼルス、ラスベガス、フェニックス、サンディエゴからのフライトを追加すると述た。アグルサ氏は、これにより最近高騰している航空会社の価格が下がる可能性が高い。「それは実際にもっと多くの観光客がここに来る機会をもたらします」とアグルサは言った。「競争が激化するにつれて、価格が安定することを願っています。平準化するには、それを元に戻す必要があります。」同氏は、業界は増え続ける観光客に適応しており、一部の地域では州が需要を満たしていない、と述べた。アグルサ氏によると、その一例はレンタカーの不足。いずれにせよ、アグルサは、ワクチンのパスポートや新しい直行便などの変更がハワイの産業にとって有益であると信じている。

詳細はこちら↓

Hawaii News Now(英語)

 

②ハワイ州は集団免疫に近づいている

州の疫学者は、ハワイは集団免疫に近づいていると述べており、ワクチン接種は集団免疫達成のために続けなければならないと強調した。もう1つの問題集は、団免疫の定義には注意が必要。集団免疫とは、コミュニティにCOVIDの感染の広がりを遅らせたり止めたりするのに十分な免疫があることを意味する。集団免疫は、人口の70%から90%がワクチン接種を受けたときに発生すると言われている。しかし、国家疫学者のサラ・ケンブル博士は、実際には明確な数はないと述べている。

ジョンズホプキンス大学のワクチントラッカーは、ハワイを集団免疫未完了で示している。完全している地域は全国で6箇所。ハワイの保健当局によると、これまでのところ、ハワイは約140万発のワクチンを投与しており、人口の約41%は完全に予防接種を受けている。ハワイは今年の7月4日までに集団免疫に到達を目指している。

「集団免疫を得るためには、私が信じている中で約200万回の投与をしなければなりません」と彼は付け加えた。DOHのウェブサイトによると、カウアイ島は郡の中で最も高い予防接種率を示しており、18歳以上の61%が少なくとも1回の接種を受けている。それでも、カウアイ島ではクラスターが発生した。地区の保健担当官が、ほとんどはワクチン未接種の人々の間であったと言う。マウイ郡地区保健担当官は、ラナイがマウイ郡で先導していると述べた。73%が少なくとも1回の接種を受け、61%が完全にワクチン接種している。モロカイ島では、53%が1回の接種を受け、48%が完全にワクチン接種している。「人々にワクチンを接種するのが早ければ早いほど良いので、今のところワクチン接種率はかなり良好です。次にモロカイ、次にマウイの残りの部分が続きます」と彼は言った。ヒロメディカルセンターの最高情報責任者であるクリスウィルソン氏は、ビッグアイランドも進歩を遂げており、大規模な予防接種サイトからコミュニティ内の小規模な診療所に移行していると述べた。

詳細はこちら↓

Hawaii News Now(英語)

 

③ワクチン接種に伴い、ハワイ州の経済も改善している

ハワイの最新の経済予測は、経済状況が改善していることを示唆しており、ワクチン接種率の上昇は力強い回復につながる可能性がある。予測のハイライトのいくつかは、本土からの訪問者の到着が今後数ヶ月でほぼ通常のレベルに達する可能性があると述べている。ただし、米国外からの到着は回復が遅くなる見込み。3月には、パンデミック前と比較して、州内の雇用は10万人少なくなった。それでも企業は労働者を見つけるのに苦労していると報告している。2020年に下落した住宅賃料は、ここ数カ月で上昇している。全体として、ワクチンの展開は、この夏までに、より広範な経済再開の準備を整える。

詳細はこちら↓

Khon2(英語)

 

④ハワイ州はマスク着用義務を継続する方針を発表

デービッド・イゲ知事は木曜日に、新しい連邦政府の指導にもかかわらず、ハワイはマスクの義務を維持し続けると発表。新しい連邦ガイダンスにより、完全にワクチン接種された人々は、群衆の中で、そしてほとんどの屋内環境で、屋外でマスクを着用するのをやめることができる。ただし、バス、飛行機、病院、刑務所、ホームレスシェルターなどの混雑した屋内環境では、マスクが必要になる。知事は、ハワイの住民の半数以上がまだ完全にワクチン接種されておらず、それにはほとんどの子供が含まれていると指摘している。なのでハワイ州は、マスク着用の義務をやめる準備ができていない。「コミュニティの大多数が完全に予防接種を受けておらず、誰かが予防接種を受けているかどうかを判断できないため、ハワイ州では引き続きマスク着用義務を継続します」とIge氏は述べた。彼は、マス着用義務をなくすことは強制の悪夢になるだろうと言う。彼は、大幅な変更を行う前に、州がワクチン接種による集団免疫の達成に近づくことを望んでいると付け加えている。「コミュニティの70%または80%が完全に予防接種を受けるまで、マスクを着用し続けることをお勧めします。特に、より多くの子供たちに予防接種を受けさせたいと考えています」とIge氏は述べた。副知事は、州は人々がワクチン接種を受けているかどうかをチェックすることを要求する規則を課すことはできないので、ある程度の信頼をもって制限を緩和しなければならないと言った。「完全に予防接種を受けていない場合は、マスクを着用し、州全体が集団免疫に達するまで自分自身を安全に保つという決定を下すのに十分賢くなければなりません。私たち全員が一緒にいることを忘れないでください」とジョシュグリーン中尉は言う。ホノルル市長のリック・ブランジャルディは、「これらの(CDC)勧告は、COVID-19制限の緩和に関する知事との継続的な議論の指針となるだろう」と述べた。ハワイ島のミッチ・ロス市長は、マスクの義務を屋外に落とす準備ができていると言いますが、屋内でマスクを着用することについて他の市長からの意見を求めている。「制限を緩和し始めるのは素晴らしいことだと思いますが、少し慎重に進めて、何が起こっているのかを確認する必要もあります」とロスは言った。彼は、すべての市長が州全体の1つの方針に同意することが重要であると付け加えた。

詳細はこちら↓

Khon2(英語)

 

・5月12日(水)

①ワクチンパスポートの導入が島間
州のワクチンパスポートプログラムは火曜日に島間旅行者向けに開始されます。ハワイで撮影した人にのみ適用されます。パスポートプログラムにより、完全に予防接種を受けた個人は、COVID-19検査または旅行関連の検疫をスキップできます。州は、ハワイの人口の40%が現在完全にワクチン接種されており、プログラムに参加できると述べている。ただし、デービッド・イゲ知事がいくつかの進行中の障害を指摘したため、このプログラムは州外の旅行には適用されない。「太平洋横断に関する確固たるスケジュールはない。課題は検証に関するものです—他の州で行われるワクチン接種についてです」とIge氏は述べている。「私たちは、州の予防接種記録へのアクセスを取得するために、他のいくつかの民間セクターパートナーと協力してきた。それは、他の州でも予防接種記録を取得するのに役立つと信じています。」つまり、州外の旅行者は、予防接種を受けていても、島に到着する前にCOVID検査で陰性である必要がある。プログラムの対象となるハワイの居住者は、SafeTravelsポータルから詳細を入手できる。知事はまた、Safe TravelsのWebサイトで問題が発生した場合のバックアップとして、旅行者が予防接種カードを空港に持参することを推奨している。

詳細はこちら↓

Hawaii News Now(英語)


②ワクチン接種により、ティアシステムに疑問が広がる

ハワイの人口の40%が完全にワクチン接種されているため、州の再開戦略を再考する時が来たと言う人もいる。より多くの州が、特に感染のリスクが低い屋外での活動のために、再開計画を加速している。デービッド・イゲ知事は最初から慎重であり、新しい変種が混在しているため、リスクを冒そうとはしていない。「私たちが目にする症例の数は私たちが望んでいるよりも増え続けており、今ではすべての症例がウイルスが変異して変化する機会です」とIge氏は述べている。予防接種が展開され続け、ウォークインを利用するのがより便利になるにつれて、疫学者のDeWolfe Miller博士は知事に同意し、目標はCOVIDを完全に一掃することであると述べている。「最後の少し余分な部分に行ってそれを一掃して打ち抜かないと、その小さな山火事がすぐに制御不能になる可能性があります」とDeWolfe氏は述べている。しかし、入院が安定しているので、病院が圧倒されるという大きな心配はもう心配ではない。そして、ティアシステムは、私たちがすぐにワクチンを接種することを知る前に作成されたので、市や州の指導者はそれらの規則を再検討する必要があると考える人もいる。ハワイの小売商人のティナ・ヤマキ社長は、次のように述べている。「つまり、特定の店舗では、外にまだ線が見える。なぜなら、そこにいる人の数が制限されているからです。」結婚式やバーにはすでに変更が加えられていますが、今では親が子供たちがサッカーをするのを見ることができるようになったそして、子供たちに再びサーフコンテストに参加する機会を与えるための戦い「他のスポーツの開催を許可する場合は、このスポーツまたはそのスポーツに特定のルールがあるかどうかにかかわらず、すべてのスポーツについて全面的に平等な権利が必要です。彼らは競争できるはずです」と述べている。ハワイの異なるティアシステムにもかかわらず、それは訪問者の到着を遅くしていません。日曜日の時点で、19,000人以上が飛来した。

詳細はこちら↓

Hawaii News Now(英語)

 

③ワクチン接種は全国でリードしているが症例数を減らすのに苦戦

ハワイは成人向けのCOVIDワクチン接種で全国をリードしていますが、毎日の症例数は2桁台後半にとどまっている。単純な理由は、多くの人々がまだ予防接種を受けていないということ。ジョシュ・グリーン中尉は、免疫がなく、ウイルスを捕まえることができる人がまだ何十万人もいると述べた。しかし、彼は、より多くの人々が予防接種を受けるにつれて、月末までに症例が減少すると予測している。デービッド・イゲ知事は月曜日にハワイ・ニュース・ナウに、80年代以上の継続的なCOVID症例数が、州が完全に再開することを急いでいない理由であると語った。COVIDの制限は、ここ数か月で緩和されましたが、多くの活動や事業に対して引き続き実施されている。予防接種を組み込むためにオアフ島の段階的再開システムを変更するための会話も進行中。「私たちは仕事を完了したい」と彼は言った。「私たちはハワイで集団免疫を達成したいと思っています。」Igeは、群免疫、つまりウイルスが広がり続けるのを防ぐために必要なワクチン接種のレベルは、ハワイで達成可能であると信じていると付け加えた。グリーン氏によると、土曜日の時点で、130万回以上のワクチン接種が行われているという。彼はハワイはノーだと言った。18歳以上の予防接種について1つの州があり、その年齢層の人々の70%が少なくとも最初の予防接種を受けていると付け加えている。グリーンは、州が正しい方向に向かっていると信じている。「私たちは、完全に予防接種を受けて免疫を持っている州の約100万人に向かい、ショットを受けておらず、免疫を受けていない約40万人を残し、時間の経過とともに集団免疫を得るだけです」とGreen氏は述べています。 副知事は、散発的な集会が毎日の感染数に貢献していると述べたが、病院の数と陽性率は安定していると述べた。グリーン氏は、約1週間で、12〜15歳の子供が初めてワクチンを接種できると信じていると述べた。彼は、年齢層が州の5万人以上を構成していると言った。

詳細はこちら↓

Hawaii News Now(英語)

 

④パンダミックによりビキの経営が悪化

パンデミックがバイクシェアプログラムに多大な経済的打撃を与えたため、ビキは事業を縮小している。BikeshareHawaiiのエグゼクティブディレクターであるToddBoulanger氏は、現在稼働中の約130のステーションのうち、40から50のステーションが間もなく廃止される可能性があると述べた。彼は、次の3〜6か月は、バイクシェアプログラムを維持する上で重要であると述べた。「私たちはあまり長く待つことはできません」とBoulangerは言った。ビキはホノルルで4年目。Boulangerによると、2019年の年間乗車回数は140万回。パンデミックが発生したとき、旅行の数と生成された収入は半分に削減された。「私たちはいくつかのコクアについてコミュニティに連絡し、資金を開発するために今後3〜6か月にわたって私たちを橋渡しするのを手伝っています」とBoulangerは言った。「また、ビキの計画について話し合いを始めたいと思います。」彼は、Bikiを完全にシャットダウンすることがありえると付け加えましたが、バイクシェアプログラムが、特に彼らが設定した気候目標とともに、都市のモビリティ戦略に緊密に統合されることを望んでいる。「Bikiは、HoloCardに追加された新しいモビリティサービスの1つになる可能性があります」とBoulanger氏は述べている。「カリヒ、パラマ、パロロのより多くの人々に拡大できる低所得のアクセスパスがあります。」ホノルル市長のリック・ブランジャルディは、この問題について次の声明を発表した。「パンデミックが私たちの経済に与える影響はたくさんあります。私はDTSにバイクシェアの財務データと運用データを収集するよう依頼しました。これにより、私の行政は必要性を評価し、市のバイクシェアシステムを維持するためのオプションを検討できます。」将来的にクリーンエネルギーを加速することに焦点を当てているブループラネット財団は、ビキがいかに重要であるかを市に示すための請願を開始した。「それで、もし私たちがビキを公共交通機関として認めてもらい、それらに資金を提供してその公共交通機関ネットワークに含めることができれば」とブループラネットコミュニケーションズディレクターのリーアンメイベリーは語った。「それで、Bikiに長期的なサポートと資金を提供するソリューションを実際に実装するように彼らに勧めることができます。」ビキバイクのユーザーは、サービスを失う可能性はがっかりしていると言う。ホノルルのパティ・シャノンは、「まあ、彼らが閉鎖されたら、私はとても悲しいだろう」と言った。シャノンは約1年前にビキバイクを使い始め、週に4〜5回自転車に乗ると言った。「とても便利なので、自転車が盗まれる心配はありません」とシャノンは言いました。「私はそれをビーチに乗せ、そこに駐車し、泳ぎに行きます[そして]それは町を移動するのにとても素晴らしい方法です。」

詳細はこちら↓

Hawaii News Now(英語)

 

・4月28日(水)

①COVIDワクチンの2回目の接種を逃す人の数が増えている、データは示しています

CDCによると、ファイザーまたはモデルナCOVID-19ワクチンの2回目の接種を逃しているアメリカ人が増えている。地元の病院関係者は、まだ大きな問題とは見なしていないと述べていますが、ジョシュ・グリーン中尉は、州はより緊急性が必要であり、人々は今週ワクチン接種を受ける必要があると述べている。全国で9,500万人が完全にワクチン接種されており、人口の約42%が少なくとも1回のCOVID-19ワクチンの接種を受けている。一方、約8%の人が2回目の服用を逃しており、これは3月の2倍以上。CNNとのインタビューで、国立アレルギー感染症研究所の所長であるアンソニーファウチ博士は、複数回接種で頻繁に発生するため、セカンドショットを逃した人々に驚かないと述べた。グリーンは、州全体の人々が2回目の接種のために戻ってきていると言いますが、彼はまだ人々に予防接種を受けるように促す新しい方法を探している。「私が本質的にお勧めするのは、より多くのウォークインを許可するためにプロバイダーに連絡すること。ウォークインは非常に役立つと思います」とGreen氏は述べている。「私は、3〜5人の人々が州全体を歩くことができるハッピーアワーのようなものを想像しています。」グリーン氏によると、ハワイは夏までに集団免疫に到達する軌道に乗っているという。副知事は、州は今週中に投与される120万回の投与に達すると述べた。

詳細はこちら(英語)↓

Hawaii News Now

 

②ハワイの保健当局は、ウォークインサイトでワクチンの需要の減少と戦っています

ホノルル州の需要が減少した後、人々がワクチンを接種することを奨励するために、より多くのCOVID-19ワクチンクリニックがウォークインの機会を開いている。しかし、機会は全面的に一貫しています。彼らは人々に彼らのウェブサイトに行って見るか、その場所に電話をかけるように勧める。月曜日から、ハワイパシフィックヘルスが運営する集団予防接種サイトの1つであるピア2は、午前11時から午後1時まで1日2時間のウォークイン予防接種を受け付けている。当局者は、1週間に10,000以上の予定がピア2で利用可能であったと言った。彼らは夜の時間を延長しているので、予約を持っていればあなたは仕事の後に来ることがでる。カウアイ島では、保健省のコンベンションホールクリニックが、午前9時から午前11時までの間に英語力が限られている住民だけでなく、60歳以上の予約なしの方を受け付けている。ハワイ郡の当局者は、ほとんどのポッドとクリニックが定期的にウォークインを受け入れていると述べたが、予約が望ましい。マウイメモリアルメディカルヘルスでは、火曜日と木曜日の午前9時から正午までウォークイン提供していますこれまでになく簡単にショットを取得できるので、より多くの人々がショットを受け取りたいと思うことを望んでいる。マウイヘルスのワクチンロールアウトコーディネーターであるクリシーミラーは、次のように述べている。「16歳以上の人々が利用できるようになったので、もっと簡単にしたいと思います。」オアフ島の地域医療クリニックも、より多くのウォークインを行い始めているが、すべてのクリニックよって異なる。本土には、すでにワクチンを拒否し始めている場所がいくつかありますが、ハワイはまだそれを行っていません。私たちはまだすべての用量を受け入れており、保健当局は用量がまだアイドル状態になっていないと述べた。ワクチンの接種を最も躊躇していると思われる2つのグループは、若い人々と英語力が限られているグループであると述べた。「現在、州の半数以上が少なくとも1つのワクチンを保有しています」とWCCHCの感染管理ディレクターであるジェイコブ・シェーファーは述べている。「しかし、概して、これは高齢者でした。現在COVIDに感染しているように見えるのは若い成人、ミレニアル世代であり、COVIDは彼らにとってそれほど深刻な病気ではないという認識を持っているのではないかと思います。」ハワイヘルスケア協会の社長兼最高経営責任者であるヒルトンレーセル氏は、これが大きな懸念を引き起こしていると述べた。「彼らはたくさんのことをしていて、友達と混ざり合って交流しています。それが私たちが心配しているグループです」とレーセルは言いった。「今、別の個人のグループがあります、そしてそれは彼らの第一言語として英語を持っていない人々かもしれません。そして、それらの個人の多くにとって、それは十分な情報、または彼らと本当に共鳴する彼らの母国語の情報へのアクセスを持っていないという問題である可能性があります。」

詳細はこちら(英語)↓

Hawaii News Now

③J&Jワクチンの「一時停止」が解除されたため、ハワイでは単回投与の需要が依然として高いままです。

ハワイにはジョンソン&ジョンソンワクチンの未使用の用量が20,000以上あり、保健当局は来週再びそれらの投与を開始することを望んでいる。金曜日に、CDCとFDAの健康専門家が単回投与の利点がリスクを上回ることに同意した後、ワクチンの11日間の全国的な「一時停止」が解除された。「ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンに対する自信を失ったことは一度もありません」と保健省のスポークスマン、ブルックス・ベーアは述べています。DOHは、ワクチンを接種する前に患者に提示される最新のスクリーニングフォームを連邦政府が発行するのを待っていると述べている。それは火曜日に起こると予想されている、とBaehrは言った。このショットには、ワクチンが血栓を引き起こす可能性があるというまれなリスクについて、18〜50歳の女性に警告する新しいラベルが付けられる。それにもかかわらず、ハワイヘルスケア協会の社長兼最高経営責任者であるヒルトンレーセルは、需要は依然として高いと述べている。「ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンをまだ求めている人はたくさんいます」と彼は言いった。「それは、家に帰る可能性のある人々、地方のコミュニティの人々にとって素晴らしいことです。」金曜日に、多くの人が単回投与ショットが再びオプションになることを知って興奮していました。「私たちは通常に戻りたいのですが、それがチケットだと思います」と居住者のケント・テラダは言いった。しかし、新しいガイダンスが予防接種への抵抗を引き起こす可能性があると考える人もいる。「私は間違いなく人々が躊躇するだろうと思います」と居住者のドーン・ディアースは言った。国務省は、次のように見てほしいと考えている。予防接種を受けない場合は、予防接種を受けた場合よりもはるかに高いリスクにさらされる。そして、ジョンソン・エンド・ジョンソンを人々に思い出させるエージェンシーはあなたの唯一の選択ではない。「ファイザーとモデルナはたくさんあります。そして、利用可能なスロットがたくさんあります」とBaehr氏は述べている。「今こそ、ハワイ、先に進んであなたの約束をする時です。」過去2週間で、州ではウイルスの変異株が関与する200件以上の症例が見られたと彼は言う。ワクチン接種を受けると感染の連鎖が断ち切られ、COVIDの変異が困難になる。

詳細はこちら(英語)↓

Hawaii News Now

 

 

・4月21日(木)

①EU機関は、J&Jショットをまれな血餅にリンクし、オッズは使用を支持すると述べています

欧州連合の薬物規制当局は火曜日、ジョンソン&ジョンソンのCOVID-19ワクチンと非常にまれな血栓との間に「関連の可能性」があることを発見し、ラベルに警告を追加することを推奨したと述べた。しかし、当局の専門家は、ワクチンの利点がリスクを上回っていることを繰り返し述べた。欧州医薬品庁は、米国でワクチン接種を受けた人々の少数の血栓症例を調査した後、決定を下した。これらの問題は「ワクチンの非常にまれな副作用」と見なされるべきであると述べた。J&Jは直ちに、要求に応じてラベルを改訂し、EU、ノルウェー、アイスランドへのワクチンの出荷を再開すると発表した。声明の中で、「当社の製品を使用する人々の安全と幸福は、当社の最優先事項です」と述べている。EMAの決定を受けて、EU保健食品安全委員会のステラ・キリヤキデスは、ワクチン接種は命を救うとツイートし、「加盟国に専門家の意見に従うよう要請します」と付け加えた。オランダの保健福祉大臣Hugode Jongeは、オランダが水曜日にJ&Jワクチンによる免疫を開始すると述べた。3月、大陸の27か国で医薬品の使用を監督するEMAは、合計人口が約4億4800万人で、アストラゼネカのワクチンとまれな血栓との関連性を発見した後、同様にラベルの変更を推奨した。どちらの場合も、当局は、COVID-19に対して予防接種を受けることの利点は、異常な血餅を発症するという非常に小さなリスクを上回ると述べた。

詳細はこちら(英語)↓

Hawaii News Now


②マウイ島でのまたビーチパーティーが開かれ近隣住民は怒りを引き起こしている。主催者は彼らは問題点が見えないと述べた。

マウイ島での別の混雑したビーチパーティーは、コミュニティ内で怒りを引き起こした。土曜日のイベントは、マケナのチャンズビーチとしても知られるポオレナレナビーチパークで行われた。イベントのプロモーターは、約150人が参加したと述べ、敬意を持って安全であると主張した。彼は大人数の集会の問題を見ていなかった。「私に関する限り、私たちは外にいます。私たちはオープンエリアの環境にいます。私たち全員が店やレストランに集まっているわけではありません」とアトラス氏は述べている。「警察は駐車場にいました。彼らは逮捕したり、誰かに引用や何かを与えたりしませんでした。すべてが穏やかで平和でした。だから、何が問題なのかわかりません。」しかし、ビーチパーティーが開催されていることを通報したマウイ島住民は警察の車は様子を見にきて20分観察をして何もせずに帰っていき午後7時まで戻ってこなかったと述べた。また、警察は午後7時のパークが閉まる時間と同時にパーティーをしていた人々をパークから追い出し彼らはゴミを片付けてでていったと述べている。マウイ島住民によると、彼らはゴミを残していき住民らがその片付けをしたと述べ、彼らはビーチでのマナーがとても悪かったと怒りを訴えている。

詳細はこちら(英語)↓

Hawaii News Now

 

③COVID感染者の後遺症にワクチンが役立つ可能性があると述べた。

カプ検疫ブレーカーズグループの共同創設者であるアンジェラキーンは、昨年3月にCOVID-19に感染し、8週間にわたって主要な症状と戦った。彼女は自分でコンタクトトレーシングを行い、結婚式を執り行っている間に露出したと言いった。しかし、彼女は、より困難な戦いは、関節のポイント、味覚の問題、疲労感など、病気の長期的な症状であると述べた。「私はいつも時差ぼけに対処しているように感じました」と彼女は言いった。彼女は、ファイザーワクチンの最初のショットを取得し、「人生を変える」と述べている。「私は1年間これほど良いとは感じていません。目覚まし時計なしで目が覚めた」と彼女は言った。「今日は痛みもありません。それは心身症かもしれません。私はとても気分が良く、とても前向きで、これがすべて私のためになくなる準備ができています。」

詳細はこちら(英語)↓

Hawaii News Now

④ハワイ郡では、ワクチン接種を受けた太平洋横断の旅行者が2回目のCOVID検査をスキップできます

ハワイ、ホノルル(HawaiiNewsNow)-ワクチン接種を受けた太平洋横断の旅行者は、パイロットプログラムの一環としてハワイ島に到着した後、2回目のCOVID-19検査を受ける必要がなくなる。「追加の保護層としてワクチンが導入されたことで、航空会社、空港、カマアイナ、訪問者への追加の圧力を軽減するなど、通常の状態に戻り始める時が来たと感じています」とハワイ郡市長のミッチ・ロスは述べています。ステートメント。パイロットプログラムは木曜日に開始され、5月1日まで続きく。ハワイ島は昨年から到着後のテストを要求している。しかし、この新しいプログラムは、ハワイ郡がヒロ空港とコナ空港でのテストを継続するためにプレミアメディカルグループと契約を結ぶことができなかった後に行われる。郡当局は、「料金の急上昇」のために、4月1日にテストを引き継いだと述べた。Premier Medical Groupは、州内のいくつかのサイトで大規模なテストを主導してきたスコット・ミスコビッチ博士が率いる会社。郡は、セーフトラベルプログラムの下でこのようなものを立ち上げるのは州で最初になると述べた。ただし、フライトの72時間前には、テスト結果が陰性であることを証明するものを提示する必要がある。

詳細はこちら(英語)↓

Hawaii News Now

ワタベウェディング - リゾ婚オンラインカウンター

海外ウェディング,リゾ婚,コロナ支援,ハネムーン,海外旅行

レストラン・スパ・アクティビティを探す

使い方はこちら 予約や最新ハワイ情報

人気のお店ランキング

  1. ミッシェルズ・アット・ザ・コロニーサーフ

    フレンチ 予約

  2. ナルヘルスバー&カフェのサンドイッチ アヒサンド ナルの人気メニュー 野菜摂取できるサンドイッチ オーガニック素材

    ナル・ヘルスバー&カフェ

    カフェ&スイーツ

  3. キオラのパスタ 手打ちパスタ クラブスパゲッティ 本格パスタ ハワイで美味しいパスタを食べられる本格的イタリアンコース

    キオラ

    イタリアン 予約

  4. 人気の和定食 リピーターが沢山 お刺身三種盛り ハワイ産卵の茶碗蒸し ハワイの食事で日本食

    燦鳥(サントリー)

    和食 ステーキ 予約

  5. ハワイ島産完熟トマト ポモドーロ 生パスタ タオルミーナのフィットチーネ お肉とパスタ

    タオルミーナ シチリアン キュイジーヌ

    イタリアン 予約

  1. ハワイのお土産を手作り リボンレイ教室 形に残る思い出 インストラクターもいる

    モアナコア リボンカレッジ

    体験&レッスン

  2. マスタング 赤色の車 高級車の貸し出し アラモレンタカーのオープンカー レンタカーの申し込み

    アラモレンタカー

    レンタカー

  3. 手ぶらでOK 西オアフのウェットアンドワイルド クーポンで最大$30オフ 絶叫系のスライダーもあり 大人も楽しめる

    ウェット・アンド・ワイルド・ハワイ

    マリンスポーツ

  4. ドトールコーヒーハワイのフラワーガーデン ハワイ島の植物園 ハワイのお花 ハワイ島の景色 ハワイ島の写真映えスポット

    ドトール・マウカメドウズ・コーヒー農園

    予約 体験&レッスン

  5. ハワイ島のアロハコナツアーズ ハワイの野生イルカ ハワイでイルカシュノーケリング ハワイアンスピナードルフィン ハワイでイルカを見る

    アロハコナ ツアーズ

    マリンスポーツ 予約

  1. ワンピースのデザインはいろいろ シンプルなプリントもあり ハワイらしいプリント バンダナがポイント 海に映えるプリント

    ジャムズ ワールド

    お土産 ファッション 雑貨

  2. インターナショナルマーケットプレイス ハワイのショッピングセンター リニューアル後 バニヤンツリーのお店 インタマの外観

    インターナショナルマーケットプレイス

    アクセサリー お土産 コスメ ショピングモール ファッション 雑貨

  3. alamoanacenter

    アラモアナセンター

    アクセサリー お土産 コスメ ショピングモール ファッション 雑貨

  4. ハワイ人気ジュエリー マノアラブリング マノアラブアロハ マノアラブオリジナル ハワイハンドメイドジュエリー

    マノアラブデザイン

    アクセサリー

  5. マーティンアンドマッカーサーの時計 木のベルト ウッドウォッチ ハワイ限定 限定デザイン

    マーティンアンドマッカーサー

    お土産 ファッション 雑貨

  1. 夜景を見ながら施術 マッサージ後の休憩 キャンドルがある部屋 ワイキキのナイトビューを一望 リラックスできる

    キューブ コスメティックス

    エステ マッサージ ロミロミ 予約

  2. ホノルルエリートカイロプラクティック自慢のコース 脂肪を燃焼 理想のウエストラインを目指す カップルでも施術可能 1回コースと3回コース

    ホノルル・エリート・カイロプラクティック

    エステ マッサージ 予約

  3. マンダラスパのロミロミ ハワイアンロミロミマッサージ ハワイの伝統マッサージ ハワイでスパ ハワイのおすすめサロン

    マンダラスパ

    エステ スパ マッサージ ロミロミ 予約

  4. ラザースパロミロミマッサージ 体の芯から整うホットストーン ラザースパロミロミ モダンホテルロミロミ ハワイアンロミフェイシャル

    スパ・アット・ザ ・モダン ワイキキ

    エステ スパ マッサージ ロミロミ 予約

  5. ローカル人気ネイル 観光客人気ネイル 技術の高さ ハイビスカスネイル ホヌネイル

    ネイル・ゾーン

    ネイル

Contentsコンテンツ